夜中、寝ているときに足がつることは
ありませんか?なんとかしたいと
思っているならまずはその原因から
探っていきましょう。


もしかしたら病気や栄養不足が隠れて
いるかもしれません!!



寝ているときにふくらはぎ、指、すね
など足がつる原因についてまとめて
みました。

スポンサードリンク

痛みとともに夜中に目がさめると、
寝ているときに足がつっていると
いうことがあります。



こんなときって続いたりしますよね。
寝ているときに足がつる原因はどんな
ものがあるのでしょう。


1.冷えから足がつる

寝ているときに身体が冷えてしまい、
足の筋肉も冷えて血行が悪くなると
筋肉が痙攣しやすく
なり、足がつる
状態になりやすくなります。



夏で冷房をつけたまま、扇風機を
つけたまま寝ると筋肉を冷やす原因
となります。



冷え性であれば足がつりやすくなる
のも同じですね。冷え性ではあり
ませんか?


スポンサードリンク


2.血行が悪い

身体の中の血液のめぐりが悪くなると
足先まで十分に血液が行き渡りにくく
なります。



血液が足に足りない状態になると足が
つりやすくなります。



血液のポンプである心臓が弱っている
ことが原因かもしれません。ほかにも
冷えにより、血行が悪い、筋肉不足に
より血行が悪いということも原因として
考えられます。



心臓が弱る高齢であったり、筋肉の
低下が起こる高齢・運動不足
では
ありませんか?

WS001092


3.疲労

足の筋肉に疲労が蓄積していると足が
つる原因となります。



運動のしすぎ、歩きすぎなど筋肉が
疲れていると痙攣しやすく
なっている
んです。



運動不足や高齢になってくることで
筋力の低下があった場合にも気づか
ないうちに疲労が溜まりやすくなって
きます。

WS001093


4.脱水

脱水状態になっていると足がつる原因
になります。脱水しているとミネラル
バランスが崩れてしまうために筋肉が
痙攣しやすく
なるそうです。



寝るときは大丈夫でも寝ているとき
には寝汗などにより水分は失われて
います。



寝る前の水分補給はしっかりとして
おきましょう。

WS001090


5.栄養不足

栄養不足により足がつるということが
あります。足がつる原因となる栄養の
ひとつがミネラルです。



ミネラルバランスが崩れることで筋肉
の代謝がうまく行えず神経が異常と
なるため痙攣が起きやすく
なります。



ミネラル分のうち、とくに不足する
カルシウム、マグネシウムを積極的に
摂るようにしましょう。

WS001085

足がつる原因となる栄養はまだあり
ます。そのひとつがビタミンB1です。



ビタミンB1には疲労を取り除く作用
と神経ほ働きを助ける作用
かあります。



不足してしまうと足がつりやすくなる
原因です。



最後に不足すると足がつりやすくなる
栄養にタウリンというアミノ酸があり
ます。これもまた疲労を取り除く作用

があります。

WS001087

ここまでの足がつる原因は主に生活
習慣の見直しで改善できるものを紹介
してきました。



ここからは足がつるという症状が危険
な病気のサインであるものをまとめて
います。



足がつるのを軽く見てはダメです。


6.閉塞性動脈硬化症

動脈硬化の一種でとくに手足の動脈が
硬く狭くなることで血行障害が起こる
病気です。



足に血行障害が起こってくると足が
よくつるよう
になります。足が冷たく、
しびれがあったりします。



ほかには歩いていると足が重くなり、
痛みを感じることもあります。



放置しておくと足に壊死が起こり、
切断することになったり、脳に閉塞が
起これば脳梗塞など非常に危険な病気
です。

WS001088


7.糖尿病

糖尿病の方の3割くらいがよく足が
つるという症状
が出てきます。



糖尿病になり血糖値が常に高い状態
になることで神経にダメージを与え
ます。この結果で足がつることが
増えてくるのです。



さらに糖尿病は動脈硬化の原因の
ひとつなので閉塞性動脈硬化症も発症
してしまう可能性もあります。

WS001089


8.椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症のとき
には神経が圧迫されるよになるため、
足のしびれや足がつることが増えて
しまいます。


9.甲状腺機能低下症

中高年の女性に多い病気です。甲状腺
の機能が低下してしまうと、身体を
活発に動かすためのホルモン量が
減ってしまいます。



血行が悪くなり身体の熱の産生量が
減る
ため、冷えが起こり足がつりやすく
なります。



そのほかの症状としてはやる気が
出ない、むくみが出てきたなどあれば
甲状腺の病気かもしれません。

WS001094


10.腎臓の病気

腎臓の病気により機能が低下していた
場合には足がつる原因となってしまい
ます。



腎臓は体内の水分調節、必要な栄養素
を外に出さないように再吸収という
役割があります。



腎臓の機能が落ちることで、身体の水分
不足、ミネラルバランスの崩れ、栄養
が足りなくなる
ことで足がつる状態に
なりやすいのです。

WS001095


11.肝臓の病気

肝臓の機能低下により足がつる原因
となってしまいます。



肝臓は身体の中のさまざまな代謝を
行っており、この仕事が出来なくなる
ミネラルバランス崩れ、栄養障害
などにより足がつりやすくなります。



疲れが取れにくいなど体調の変化も
出てくることが多いです。

WS001086


まとめ

どうでしたでしょうか。足がつると
いっても原因は多くあります。



生活習慣を見直すことで改善していき
ますが、長く続くのであれば一度病院
に行った方がいいでしょう。