お家に帰ったら、手洗いうがい!!そうおしえられてきた方も多いのではないでしょうか?

しかしいままでしてきたうがいは正しいのでしょうか?うがい薬は使った方がいいのでしょうか?

効果的で正しいうがいの仕方などまとめてみました。


スポンサードリンク

うがいの効果

もっとも言われているのはカゼの予防です。これは正しいのでしょうか。


ある研究者が「うがいをしない群」「水うがい群」「ヨード液うがい群」に分けて、うがいのカゼ予防効果を検証した。


結果は、1か月あたり100人中のカゼになる率は、うがいをしない群26.4人、水うがい群17.0人、ヨード液うがい群23.6人であった。


水うがいをした場合のカゼになる確率はうがいをしない場合に比べ、40%低下となった。


一方ヨード液うがいをした場合はうがいをしない場合に比べ、12%の低下にとどまり、効果的であるとまでは言えなかった。



他にもうがいをすると熱が出る確率が減ったという研究もされています。
うがいにはカゼ予防、発熱予防に効果があるようですね。 



ヨード液うがい薬(イソジン)はカゼに対しては効果的ではないのかもしれません。ちなみにインフルエンザはうがいでは効果がないと言われています。



その他の効果としては口臭の予防です。口の中にはいろいろな臭いの原因となる細菌や食べ物のカスがあるんです。それを洗い流すことで口臭の強さが弱くなります。


スポンサードリンク


正しいうがいの仕方

まずは手をきれいに洗いましょう!



つぎに口に水を含んでくちゅくちゅぺっ!



そのあとにガラガラぺっ!を2~3回繰り返します。ガラガラのときは『おー』と声を出すようにしましょう。のどの奥まで届きます。



いきなりガラガラぺっ!をしてはダメですよ。口の中の菌をノドに運んでしまいます。コップを使う場合は清潔にしておかないとダメです。



たったこれだけのうがいの仕方で40%(0.6倍)もカゼになりにくくなる効果があるならやるべきですよね。


ワンコも散歩から帰ったら手洗い足洗いをきちんとします。
足洗いは必見です。方法はこちら
 



正しい人間の手洗いの方法はこちら! 



????????


うがいに使うのはなにがいいの?

うがい薬としてはヨード液(イソジン)が有名ですよね。しかしながらそれほど効果があるという結果はないんです。のどの粘膜を傷めてしまって逆効果とも言われています。



重曹がかなり効果的と言われています。その効果は口臭予防、カゼ予防、初期の虫歯を治す、歯周病予防など。すごすぎですね・・・

重曹のうがいの仕方・効果はこちら 



緑茶でうがいをする。有名ですね、緑茶に含まれるカテキンが菌を殺す作用があるので効果的なんです。水道水よりもさらに熱が出る確率が減った研究があります。



緑茶よりもさらに数倍効果的と言われているのが紅茶です。カテキンの作用が緑茶よりも強いんです!! 



紅茶うがいの方法  



紅茶の茶葉 1g(スプーン約1/3程度)あたり、100mlの熱湯を用意し、5分以上(可能であれば20分)抽出します。
※必ず熱湯をご使用ください


水で紅茶を2倍にうすめ、うがい液としてお使いください。


※やけどを防ぐため、紅茶うがい液は水でうすめ、必ず温度を下げてから!。また、衛生のため、うがい液は、作りおきをせず、必ず24時間以内に使おう。そして抽出は2回までにしましょう。3回目では十分なカテキンが無くなってしまうんです。






できるなら重曹を準備するといいですね。安くて簡単に重曹水は作れるのでオススメです!!



効果的なうがいの仕方で今年の冬を乗り切りましょう! 


その他読まれている記事はこちら

インフルエンザの予防接種の効果的な時期・副作用について 


閲覧注意!?思わず笑える動物画像!!