じめじめじとじとしてしまう時期が毎年
やってきますよね。そんな梅雨の情報を
まとめてみました。


梅雨の語源、時期、特徴などなど梅雨について
知らないことは多くありませんか?


梅雨前線とは?梅雨に役だつ対策グッズも
紹介しています。

スポンサードリンク

梅雨の語源

梅雨の語源についてはいくつか説があるんです。

1.梅が熟れていく時期に降る雨

この梅雨の時期にはちょうど梅の実が実を結び、
熟す時期なので『梅雨』と呼ばれたという説があります。



2.ジトジトしてカビが生えやすい時期

この時期に降る雨のせいでモノにカビが生えやすいと
いうことから。カビのことを『黴(ばい)』と中国で
呼ばれており、黴という感じは意味がよくない!

という理由から当て字でばい・・・梅(ばい)という
字がつけられ梅雨(ばいう)になったという説があります。

110907shibukasa


『梅雨』という字はむかしは『ばいう』と呼んでいました。
いまの『つゆ』と呼ばれるようになった理由にも説があります。



・『露(つゆ)』という言葉から同じく『つゆ』と
呼ぶようになったとうい説。(露にはジトジトって意味がある。
(露にはジトジトって意味がある。)



・梅の実が熟して潰れていく時期だからという説
潰ゆ(つゆ)とむかしは読んでいたそうです。


スポンサードリンク


梅雨の時期は?

梅雨の時期は日本の中でもバラバラです。

毎年の平均的な時期ですが、


沖縄・・・5月10日~6月20日くらいまで。


九州、四国、中国、近畿、東海、関東
・・・6月5日~7月20日くらいまで


北陸、東北・・・6月10日~7月25日くらいまで


北海道・・・梅雨は無し(同じ時期に雨は降りやすくなる)

Exif_JPEG_PICTURE


梅雨の特徴

毎年同じではありませんが、だいたいおなじような
流れで梅雨は過ぎていきます。



梅雨入りから2週間・・・シトシトと降りつづける。

梅雨の真ん中・・・急にカンカン照りの暑すぎる日になる。

梅雨の後半・・・土砂降りが続いたりして、災害が起こりやすくなる。



基本的にはこんな流れです。たかが雨が続いているだけ
ってわけではありません。雨が続くと土砂崩れなどが、
起こりやすくなります。避難場所などの再確認をしておきましょう。


梅雨前線とは?

ここではかんた~んにですが説明したいと思います。

南からの暖かい空気と北からの冷たい空気がぶつかる点を
線で結んでいったものを前線と言います。



梅雨の時期にこの空気のぶつかり合いが同じ強さで
起こるため、長い間梅雨の時期が続くんです。



空気がぶつかり合う場所では空気は上に上に逃げます。
その結果雨雲をつくり雨を降らせてしまうんです。



これが梅雨前線が出来る理由なんです。

↓↓詳しくはこちら
梅雨前線ってなあに?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


梅雨に役だつ対策グッズ!!

急な雨にも使える靴カバー

意外と便利です。自転車に乗っているときの
雨なんかでも靴がぬれないですね。

詳細は↓↓
使い捨てくつカバー



除湿器

じめじめしていると洗濯物が生乾きのいや~な
臭いがしますよね。菌が繁殖しているからあの
臭いなんです。湿度を下げて臭い防止できます。

除湿器の人気ランキングはこちら>>



レインブーツ

最近のレインブーツにもオシャレなものもたくさんあります。
もちろん男性用もありますよ。足元が濡れたら一日の
やる気がなくなるのでぜひ使ってみてください!
レインブーツの人気ランキングはこちら>>



どうせ傘をさすならオシャレでかわいいものや、
カッコイイものにしてしまいませんか!!
人気の傘ランキングはこちら>>


読まれている記事

便秘を即効解消してやれ!!

ひどい肩こりもこれで解決!!

鯉のぼりの由来って知っていましたか?