多くの大人が経験する「目の疲れ」。

ショボショボしたり、かすんだり。
不快感に集中力も落ちてしまいます。

ここではなぜ目が疲れてしまうのか原因
をご紹介します。

スポンサードリンク

目が疲れる原因とは ~視力~

最も多い原因は、近視や乱視、遠視
などを持っている人に多い「矯正不良」
です。


眼鏡やコンタクトの度が強すぎたり
弱すぎたりすると、目は調節機能を
フル回転させてピントを合わせよう
とします。


常にこの状態が続くと調節機能を司る
筋肉が緊張し、疲れ目という症状と
なってあらわれてきます。

WS001027

右目と左目の視力差も疲れ目の原因
なります。


眼鏡を使う人の中には、一度眼鏡を
作ったら次に買い替えるまで視力の
検査をしないという人が多いようです。


視力はずっと変わらないものではない
ので、知らず知らずのうちに視力が
落ちて眼鏡の度数と開きが出てきて
いることもあります。


疲れ目が改善されにくいという場合は
眼鏡やコンタクトの度について一度
確かめてみることをおすすめします。

スポンサードリンク


目が疲れる原因とは ~環境に影響をうけるもの~

パソコンやスマホなど目を酷使する
ツールが身の回りにあふれている現代。


画面など、ジッと近くの同じ箇所を
見続けることで目の疲れを引き起こし
てしまいます。


同じ姿勢で作業を続けることで、肩や
腰の筋肉が緊張し、それに連動する
ように顔周りの筋肉も緊張してきます。


目の周囲の筋肉だけでなく、目の奥に
あるピント調節機能を持った部分の
筋肉までもが緊張していきます。


これが続くと「こり」となり疲労物質
が蓄積して疲れを感じてしまうのです。


一生懸命一点を見つめることで瞬きの
回数が減って、目が乾きがちになること
も目を疲れさせる原因となります。

WS000214

また、パソコンやスマホの液晶画面
からはブルーライトという特殊な光が
出ています。


ブルーライトは可視光線の中で最も
長い波長をもつ光で、角膜や水晶体
を通り越して網膜まで到達する光
です。


網膜まで到達する光の中では紫外線
と同じくらい強い光なのです。


そして、拡散しやすいという特徴の
ある光ですから、目の奥でちらつき
やすく、目のピント調節機能を
狂わせてしまいます。


そのためブルーライトを長時間見続ける
と、ピント調節機能が意識していない
時でも一生懸命に働き続けているので、
疲労物質が溜まりやすくなるのです。


そして、環境という要因では「ストレス」
も目の疲れの原因
となります。


ストレスが筋肉を緊張させるため、
目の周りの筋肉のコリが発生し、
疲れ目の原因となることが分かって
います。

WS001465


目が疲れる原因とは ~病気~

疲れ目を引き起こす目の疾患には、
斜視などの目の位置が異常である
もの、緑内障や白内障、瞼が下がって
しまう眼瞼下垂
などがあります。


緑内障や白内障は視野狭窄や視力の
低下を引き起こします。


これらの症状は少しずつ進行していく
ので、初めは目の病気だとは気付き
ません。


症状が進んでいくうちに狭くなった
視野や低くなった視力を改善しよう
と目を酷使することになり、目の
疲れにつながっていきます。


また、パソコンを日常的に使う人が
増えたことでドライアイの症状
悩む人が増えていますが、ドライ
アイも疲れ目の直接の原因になると
いわれています。

WS000636


目が疲れる原因とは ~身体の病気~

目が疲れる原因となる病気は眼病だけ
ではありません。時に、全身に関わる
病気でも目が疲れやすいといった症状
が出ることもあります。


自律神経失調症や更年期障害、耳や歯
の病気、脳の病気、循環器や消化器の
病気でも疲れ目が起きることがあるの
です。


自律神経失調症では交感神経と副交感
神経が混乱することによって目の疲れ
を引き起こす
といわれています。


本来、私たちの脳は遠くを見ることで
交感神経(活発に働く神経)を優位に
するように設計されています。


反対に、近くを見ることで副交感神経
(リラックスに働く神経)が働くよう
にできています。


パソコンなどの仕事をして活発に動いて
いる私たちの体は「交感神経」を使おう
としますが、目は「近く」を見ている
ので脳は「副交感神経」を使おうと
します。


これらが混乱してしまうことで、目の
周囲の筋肉に緊張が起き、疲労物質が
溜まりやすくなってしまうのです。

WS001166

更年期障害では女性ホルモンが減少
していくことで体に様々な影響が出て
きます。目にも疲れが出やすく
なり
ます。


原因についてははっきりと分かって
いませんが、女性ホルモンの減少が
関係しているという説が有力です。


女性ホルモンが減少することで体の
水分が不足しがちになります。


これが目にも起こり、乾燥が疲れ目
を引き起こすのではないかと考えら
れています。


視力の異常とともに、日ごろとは違う
しつこい目の疲れが続くようであれば
速やかに眼科を受診
しましょう。


この他にも耳や歯の病気の影響で
視神経が緊張したり、脳の病気で
視力に異常が生じたりと、体にある
病気によって疲れ目になってしまう
ことがあります。


ただの疲れ目と侮らず、目薬や睡眠
で改善しないようであれば眼科を受診
して根本的な原因を突き止めることが
大切です。