手荒れがひどくて、さらにかゆみが
ひどい!という状態はかなりつらい
ですよね。


手荒れの原因となるものは知って
いますか?どんな対策をしていけば
いいのでしょうか。


スポンサードリンク



手荒れの原因とかゆみの原因

冬になると手荒れや手のかゆみで悩む
人が多くなりますが、毎日の水仕事を
行っていると、指先や指の腹の赤みが
増えてかゆみが倍増します。



さらに、放っておくと、ブツブツが
出てひどい手荒れに苦しむようになり
ます。



手荒れの原因は様々ですが、基本的
には乾燥が一番です。



皮膚の油分が無くなってしまうと、
皮膚の水分を保持できなくなって
乾燥してしまいます。



乾燥してしまうと、さらに皮膚の
バリア機能が低下してしまい、水分
保持できなくなり、乾燥が進んで
いくのです。



乾燥がひどくなると皮膚のバリア
機能がかなり低下しており、刺激に
弱くなるので、ちょっとした刺激
でもかゆみ
が出てきてしまいます。



また、正常な皮膚の状態ではない
ので、細菌が繁殖しやすくなる
こともかゆみ
が出てくる原因なの
です。



どんなことが手荒れを引き起こす乾燥
の原因となっていくのか見ていきま
しょう。

スポンサードリンク


洗剤が原因となっているのがほとんど

食器洗い洗濯をはじめとした水仕事
他にも手洗い、シャンプーなども
手荒れとなる原因のひとつです。



洗剤やシャンプー、ボディーソープも
油分を落とす成分が必ず含まれている
のです。



つまり、洗剤などを使えば使うほどに
乾燥がひどくなり、バリア機能が低下
していれば、治すことの邪魔するもの
にもなってしまうのです。



手荒れの原因である洗剤による乾燥は
毎日冷たい水を使っていたり、油を
分解する洗剤などを使うこと起こり
ます。

ws000054

皮脂や角質がはがれ落ち、皮膚を保護
する機能が減ってきたところに洗剤の
刺激が加わることでひどくなるのです。



そのため、毎日のように水仕事をする
主婦や、仕事柄、水に触れる機会の
多い美容師、調理師といった職業の人
はなりやすいのです。


手荒れの対策は

手荒れの対策としては手の油分を
なるべく失わないようにしていく
必要があります。


お湯を使わない

洗い物をする時の手荒れの対策として
水を使う仕事の人は、ぬるい温度の
お湯を使ってしまいます。



水とお湯では油分を落とす力はお湯
の方が高いのです。



油汚れがお湯で洗った方がスッキリ
するのと同じなんです。



冬場の方が手荒れがひどくなることが
多いのは冬は水が冷たいので、お湯で
洗い物をすることが多くなってしまい、
手の油分を多く洗い流されているから
なのです。



できれば、洗い物は水で行うほうが
手荒れには優しい
のです。



冷たい水がつらいときにはお湯の温度
をあまり高くしすぎないようにして
みましょう

ws000055


洗剤を薄めて。まとめて洗う

また、洗剤はあらかじめ2倍から3倍に
薄めて使うようにして、少しでも刺激
が弱くなるようにし決して原液を使う
ことのないようにしましょう。



それと、食器を一度にまとめて洗う
ことで、水や洗剤に触れる機会を
減らして肌を守りましょう。


洗い残しに注意して、水分はしっかり取る

手に洗剤の洗い残しがないようにする
ことも重要で、洗剤が特に残りやすい
指の間や、指輪の内側などを意識して、
残っている洗剤をよく落とすように
しましょう。



洗剤の成分が残っていると手荒れの
原因になります。

ws000051

これだけでなく水も柔らかいタオルで
ゴシゴシではなく、優しく水分を拭き
取るようにします。



水分が残っていると乾燥がひどくなる
のです。



これは水が乾燥するときに周りの水分
を奪っていくという化学現象がある
ためです。



トイレにいったときなども手洗いの
あとには水分が残らないように、手に
水がついたときには優しく拭く
習慣を
つけておきましょう。


手袋をして洗い物を

洗い物をするときに肌荒れでのかゆみ
を減らすコツは、普段から手袋を着用
することです。



水仕事をする際には肌が水に直接
触れるのを防止
します。



手袋が汚れていると細菌が繁殖して
しまい、手荒れの原因にもなるので、
清潔にしておき、定期的に交換しま
しょう。



使い捨てのビニール手袋なども
おすすめです。

WS000046

注意することはゴム手袋です。

ときどきゴムアレルギーの症状が出て
しまい、手荒れが起きてしまう人も
います。



ゴム手袋をしてひどくなった場合には
ゴムではない素材のものを使うように
しましょう。


かゆくてもかかない!

肌のかさかさが気になる人は、手荒れ
にならないように初期段階で注意して
痒くても絶対にかかないようにしま
しょう。



手に水泡ができるとかゆいのが手荒れ
の特徴なので、かきむしってしまい
たくなります。



治すためには絶対にかかないように
します。



水泡ができるのは、皮膚保護のための
リンパ液がたまったことが原因なので、
かいて組織を傷つけて、そこから雑菌
が入ってさらに悪化してしまうかも
しれません。

WS000048

かゆみの対策として、かかないのは
つらいので、かゆみを抑える成分が
入ったハンドクリームなどを使うよう
にしましょう。


ハンドクリームを使う

そして、手荒れを治すために対策と
して使えるのがハンドケアです。



皮膚の保護機能が低下しているので
洗い物をした時は、手指を保護しな
がら、ハンドクリームなどの保湿剤を
使って常に肌に潤いを与えるように
心がけます。



手荒れが進んでいると、小さな刺激
にも敏感になり、もの凄くかゆく
なってしまいます。

ws000053

手に水がつくたびに、ハンド
クリームを使って手指が乾かない
ように
心がけて、頻繁に手に付ける
ようにします。



入浴したての肌は潤いを浸透させ
やすい状態になっているので、風呂
上がりのこの機会は忘れずにハンド
クリームを塗ってください。


その他のハンドケア

手があまりにも乾燥している時には、
手を蒸しタオルなどを使って湿らせて
からハンドクリームを塗ります。



手に水分を与えた上でフタをすると
いう方法です。



寝る時にハンドクリームを塗ったあと
に手袋をして寝るというのも効果的
です。



かゆみがあるときにかいてしまうのを
防止できます。

また、ハンドクリームがこすれて無く
なってしまうのも防ぐことができるの
です。素材は綿100%がいいですね。



市販されているハンドクリームには
いくつか種類があり、肌に合うものと
合わないものがあるので、自分の肌に
あったハンドクリームを使うように。