7月7日は七夕ですね!!
おりひめとひこぼしが1年に1回
会うことのできる日です。

この七夕のもともとの由来は?
なんで笹に短冊を飾るのか?
どんなものを七夕に食べるのか?

七夕についてまとめてみました。

スポンサードリンク

七夕の由来

もともとはお盆と関連した行事
だったことは知っていました?。



昔は7月15日(いまは8月15日)に
お盆があったので、お盆の始まりに
七夕があったんです。



明治時代に新しい暦(新暦)になったため
日にちが1ヶ月離れて、独立した行事と
なっていきました。

odb-get_exe_gif

いまでも七夕が8月7日に行なわれる
地域もあるんです。



お盆に棚(たな)と幡(はた)を設置して
いましたが、設置するのが7日の夕方で
あったので、七夕と書くようになりました。

IMG_01581

もともとはお盆の始まりに行われる習慣
が始まりだったとは言われています。



その他の説には彦星(ひこぼし)と
織姫(おりひめ)の二つの星はそれぞれ



耕作と養蚕(ようさん)をつかさどって
おり、うまくいくように祈願するように
なったとする説もあるんです。 

b0104092_15505177

七夕が特別な日になった日というのは
いまだにわかっていないそうです。


日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、
中国から伝来した女性が針仕事の上達を

願う乞巧奠(きっこうでん/きこうでん)や
佛教の盂蘭盆会(お盆)などが習合した説。


いろんな説が混ざり合って七夕
が出来上がったと言われています。

スポンサードリンク


七夕の笹と短冊はなぜ飾るのか?

これは江戸時代から始まり、おおはらえと
いう、災いを祓う行事に飾っていた笹に
由来している説があるそうです。



お盆の始まりに飾られる笹は祖先の霊が
宿るものとして飾られていました。

odb-get_exe_gif

色とりどりの短冊の色は古代中国の
五行説という自然哲学からきているそう。

※万物は木・火・土・金・水
の5種類の元素からなるという説

その飾った短冊に願い事を書くように
なったのは、七夕に針仕事や習字の



上達を願う風習があったものと
合体したという説があるんです。



七夕の詳細はこちらから↓↓
七夕はコレを見ればすべて書いてある>>

七夕に食べる食べ物とは?

古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、
その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、

これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を
供えて祟りを鎮めました。それから、この故事に

因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が
生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。

索餅(さくべい)うお菓子は索麺(さくめん)
とも呼ばれ。時代とともにそうめんと
変わっていきました。

soumen001

みなさんが夏に食べているそうめんは
七夕に食べる風習があったものなんです。