退職したいときってどうすればいいのか困りますよね。

なかなか会社の人に相談しにくいことかもしれません。

退職届と退職願ってどっち提出すればいいのでしょう?

退職届・退職願についてまとめてみました。

スポンサードリンク

退職届と退職願の違いは?

どちらも似ているようですが、違うものなので間違えないようにしましょう。退職届は『○○月○○日に仕事をやめます』、退職願は『○○月○○日に仕事をやめたいと思います』



言葉通り、退職届は退職を届け出るもの。退職願は退職を願い出るものです。仕事やめます!と仕事やめさせてください!の違いなんです。



退職願はあとからやっぱ仕事続けますと取り止めることが出来ますが、退職届はあとからやっぱ無しにしてくださいとはできないものなのです。



普通であれば退職願を書きます。上司と仕事をやめる相談をしてから、認めてもらった上であれば、退職届でも提出しても大丈夫です。

※辞表との違い
辞表=退職願・退職届ですが、退職願や退職届に「辞表」と書いて提出するのは間違っているのです。「辞表」を出すのは、取締役などの会社運営に関わる重役や公務員なのです。

辞表ということばを書いて提出するのはお偉いさんか公務員だけのようですね。


スポンサードリンク


退職届と退職願の書き方・提出時期・タイミング

書き方はいくつかありますが、参考にしてみてください。



退職願いの書き方

reti_way



↓↓退職願の書き方の詳細
退職願はこう書け!!



↓↓退職届の書き方の詳細
退職届はこう書け!!



退職届・退職願を提出する時期・タイミングはいきなり持っていってはダメですよ!基本的には直属の上司に提出しますが(部長など)いきなり受け取ってはくれません。受け取っちゃうと退職を認めてしまうことになってしまうからです。



退職願を渡す上司がさらに上司と相談する時間は必要なんです。まずは辞める1~2か月くらい前には上司にやめる気持ちを伝えましょう。それが認められたなら退職願(退職届)を1か月前には提出しましょう。



嫌で嫌で仕方なくて早く辞めたい気持ちがあったとしても、社会人としても一般常識は守りましょう。いきなり提出してすぐ来なくなるなんてことがないように!就業規則に触れないようにしないとなにか起こってしまうかもしれません。


20130405_1 



仕事を辞めたいと思うほど疲労が溜まっていませんか?疲労感をとるために出来る方法をまとめています。
疲労回復方法のすすめ!! 



退職届(退職願)を提出したけど、拒否されたら


やめたいのにやめさせてくれない!
退職拒否のまとめはこちら!



まずは就業規則に沿って退職願(退職届)を提出しているかは確認しましょう。雇っている会社側にはその退職する意思を認める認めないなんてものは存在しません

民法第627条に規定される労働契約の解除には、相手側の承諾は規定されていない、よって、一方的な申入れの後、一定の期間が経過すると、労働契約が解除されるだけです。


退職願を何度も何度も提出しようとしても受け取ってもらえない場合は証拠を残すために内容証明郵便で送ってしまいましょう。これは提出した証拠になります。見ていない。開封していないは通用しないものになります。



引き継ぎができるまでは退職させないと引き伸ばされ続けるケースもあるようですが、やめる意思を1~2か月前に伝えた証明さえあれば、会社側に拒否はできません!訴訟でも負けることはおそらくないでしょう。


※ぜったい訴えを起こされて大丈夫とは限りません!まずは労働基準監督署に相談してみてください。プロですのでいろいろ教えてもらえます。



・内容証明にて郵送
・労働基準局に申告

この二つをしっかりとしておきましょう!


読まれている関連記事

合コンでお持ち帰りするには!? 


ボジョレヌーボーはなぜまずいのか? 


鼻炎を治すには?花粉症に効く食べ物とは?