暑い時期が続いていますね。こんな時期に
暑中見舞いや残暑見舞いが来るとほっこり
嬉しいものです。

いざ出そうと思ったら暑中、残暑見舞いの
どっちを出すかわかっていますか?その違いは?

時期はいつまでなのでしょうか?文面、例文は?
まとめてみました。

スポンサードリンク

暑中見舞い、残暑見舞いの違いは?時期といつまで?

暑中見舞い、残暑見舞いは両方出す意味は
同じです。
暑い時期に相手の身体のことを
気遣って、最近どうですかと挨拶します。



もともとは日頃にお世話になっている方に
直接会いに行く夏の風習でした。



それが現在のような郵便が発達してから
手紙でやり取りし合う形となりました。

IMGP2845

暑中と残暑見舞いの違いは手紙を出す
時期に違いがあります。
いつからいつまでが暑中、
残暑なのでしょうか。



暑中見舞いを出す時期は、梅雨があけてから
立秋までの間
に出せば大丈夫です。
(本来なら夏の土用の期間に送る習慣です。
立秋から18日間前の間)



残暑見舞いは立秋よりあとの暑い期間なら
いつ出しても大丈夫
なんです。遅くても
9月の初旬までですが。



つまり暑中見舞いと残暑見舞いの違いは
出す時期だけです。


スポンサードリンク


暑中見舞いの文面、例文は?

文面、例文は基本的なものなので
参考にしてください。



1.暑中見舞い申し上げます。

季節の挨拶をまず入れます。



2.梅雨が明けて暑くなりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

相手のことを聞く言葉を入れます。



3.毎日のように真夏日が続いておりますが、
家族全員元気で過ごせております。

自分のこと、出来ごとを入れます。



4.暑さがおさまる気配がございません。
どうぞ元気に過ごされますよう。

相手への健康、無事を祈る言葉を入れます。



5.平成26年 7月
平成26年 盛夏

日付を入れます。盛夏といれても言いですよ。

syocyumimai

基本的にはこの流れで書くとよいでしょう。
こちらに文例がいっぱいありました↓↓
暑中見舞いの文例>>


残暑見舞いの例文、文面

暑中見舞いの書き方と同じです。



1.残暑見舞い申し上げます。



2.立秋となりましたが、毎日暑い日が続いて
おりますが、いかがお過ごしでしょうか。



3.こちらも毎日暑く、家族で避暑がてら
旅行に出かける予定です。



4.まだまだ暑さが続くようです。お身体に
お気をつけくださいますよう。



5.平成26年 立秋



暑中見舞いと違うのは冒頭と最後の日付に
つける言葉くらいですね。相手を気遣い
こちらの様子を伝え、無事過ごせるよう祈る。

z_asagao

この流れで書くとよいでしょう。こちらに
文例がいっぱい載っていました↓↓
残暑見舞いの文例>>



暑中見舞いと残暑見舞いを送るのは日本の伝統!
年賀状を出すのと同じです。ひょっこり届くと
嬉しいものです。出してみてはどうでしょう?