現在の20代は暑気払いなんて知らない人も
多いそうです。しかし、社会人なら知って
おくべき常識です。

暑気払いとは!?その意味や時期はいつ?
乾杯や締めのあいさつはどうするのか?

調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

暑気払いとは?意味

本来の暑気払いの意味は暑い夏に冷たい
食べ物や身体を冷やす物を食べて、熱を
取り除き、暑さをうち払う風習
でした。



暑い夏を乗り切ろうとする意味合いを
持っており、昔は漢方を飲んだり
していたそうです。



現在では漢方を飲んで暑さを取り除く
というものは無くなり、暑さを乗り



切ろうという宴会や飲み会として
残っているだけになりました。

一部の地方ではかき氷やそうめんを
暑気払いとして風習が残っている
ところもあるんです。



ちなみに夏野菜には身体を冷やして
くれる作用
があります。暑気払いで
夏を乗り越えましょう。


スポンサードリンク


暑気払いの時期

暑気払いの時期は梅雨~8月のはじめ
くらいまでと考えていいでしょう。
お盆の前くらいまでです。



まあ暑い時期ならそれほど気にせず
暑気払いを使ってもいいかもしれません。



それと暑気払いでの乾杯や締めのあいさつは
どうすればいいのでしょうか。

20130616143900


暑気払いの乾杯挨拶

乾杯だけのあいさつなら基本的に短めで
十分です。上司や偉い人、ゲスト出席して



もらっているなら紹介の一言を加えて、
丁寧な言葉遣いがいいでしょう。



さらに幹事の方にもお礼を付けると
印象も変わります。

64b6562dfabaa8ac46836d61a23b871a

『僭越ながら乾杯の音頭をとらせて
いただきます○○と申します。



今回の暑気払い会には○○さんにもご参加
いただいておりますので一段と盛り上がって
暑さを乗り切りたいと思います。



本日この会を準備していただいた○○さん
ありがとうございます。



それではご唱和よろしくお願いします。



皆様のご健勝と暑さを元気に乗り切ることを
祈念いたしまして!乾杯!』



基本的にはこんな乾杯のあいさつでいいかと
思います。仲間内ならくだけた言葉遣いでも
問題ありません。

ZXfQ9

その他にも付け加えるなら

『わたくしが長々と話してしまうと
余計暑苦しくなってしまいますので』



『この暑い夏を乗り切ったら楽しい
忘年会が待っています』



『目の前のお酒と料理を食べて、飲んで、
騒いで暑い夏を乗り切りましょう』



基本的には短いほど喜ばれます。お酒と
料理を前に待たされるのは本当に勘弁して
ほしいものです。



あれもこれも挨拶に加える必要は
ありません。元気よく発声で十分ですよ。


暑気払いの締めの挨拶

『宴もたけなわではございますが、締めの
音頭をとらせていただく○○です。



まだまだ暑い夏は続いていきますが、
暑さを乗り切っていきましょう。



当社のますますの繁栄を祈念いたしまして
1本締めを行いたいと思います。



それでは皆様お手を拝借。いよ~!』

c0162251_5164154

最後の1本締め、バンザイ三唱など
会社などで違うと思いますが基本的に
これで十分です。