赤ちゃんや小さな子供が寝ている時に
よだれをたらしているのを見ると、
一生懸命眠っているんだなと可愛く
も感じます。

しかし、大人の場合は誰かに見られると
恥ずかしいだけです。


ベッドで一人寝をする時ならいざ知らず、
電車や飛行機の中でうたた寝をしている時
によだれをたらしたくはありません。


睡眠中によだれが多い原因は何で
しょうか。また、どう対策すれば
恥ずかしい思いをしなくて済むので
しょうか。

スポンサードリンク




一番の原因は「口呼吸」にあった


よだれが多いのは何故か。よだれが
多い人とそうでない人を見ていると
一目瞭然ですが、「口が開いているか
閉じているか
」という理由でよだれが
増えます。



では、寝ているときに口を開けている
のは何故でしょうか。



それは睡眠中の呼吸が「口呼吸」に
なっているからです。


口呼吸でよだれがたれてくるのは
当然のことですが、口呼吸で口が
開いたままとなります。



口の中が乾燥しやすくなることで
余計によだれの量が増えてしまうと
いう悪循環が起きています。
スポンサードリンク



口呼吸になる人と鼻呼吸でいられる人の違いとは


なぜ、口呼吸の人と鼻呼吸の人がいる
のでしょうか。


口呼吸になる原因はとてもたくさん
あるといわれています。


まず、鼻が詰まっているなどして
鼻呼吸がしにくい状態
が続いている
ということが考えられます。


風邪を引くなどして一時的に口呼吸
になってしまうのは仕方のないこと
です。


しかし、慢性的な鼻炎で口呼吸が習慣
づいてしまうと、鼻炎の調子が良く
なっても寝ている時に口を開けることが
癖になってしまいます。


ws000113

また、鼻がつまっていなくても普段
から口呼吸になりがちな人は、舌の
筋肉が低下していることが原因
です。


何もしていないときの舌の正しい
位置は、上顎にくっつくように位置
しています。


上顎から舌が離れてしまうと、自然
と口も開いてしまうのです。


口呼吸の弊害とは


口呼吸が癖になると、口を開ける時間
が鼻呼吸の人よりも長くなるため、
風邪のウィルスや空気中の有害物質
を直接吸い込みやすい状態が続きます。


当然風邪が流行れば風邪をひきやすく
なります。


鼻呼吸の場合、鼻からもウィルスなど
は侵入してきますが、鼻毛や鼻の粘膜が
ウィルスなどを半分以上はブロックして
くれることが分かっています。



口呼吸の場合、ウィルスは口から入って
直接のどの粘膜などに付着してしまう
ので風邪をひきやすくなるのです。

WS001257 また、口を常にあけていると口の中が
乾燥してしまうので、細菌の増殖を
抑える唾液が減って口臭の原因と
なります。


唾液が減ることは、虫歯菌の増殖も
促してしまうので虫歯や歯周病にも
なりやすくなります。


寝ている時に口呼吸の状態が続くと
よだれが多くなりますが、それと
同時に喉を圧迫した状態が続くので、
睡眠時にいびきをかきやすくなります。




口呼吸を治してよだれを減らす対策とは


口呼吸を治すには、まず、口呼吸に
なっている原因を無くさなければ
いけません。



慢性的な鼻炎がある人は治療を優先
しましょう。


鼻炎が軽くなって鼻が通りやすく
なったと感じたら、日中の呼吸は
意識して鼻呼吸にすることを心がけて
ください。



寝ている時にいきなり鼻呼吸にチャ
レンジすることはできないので、
日ごろから癖をつけることが大切
なります。
WS001223

また、枕の高さを再確認してみま
しょう。



枕が高すぎたり低すぎたりしても口
で呼吸する原因となりよだれの量が
増えることになります。


食事をするときに片方の歯でばかり
噛んでいるとあごや背中のゆがみが
促進されます。



体がゆがんでいると寝姿勢が横向き
になりやすいと言われていて、この
状態も口呼吸の原因となるので意識
します。



両方の歯で噛み、心当たりがあれば
整体などで体のゆがみを整える必要
があります。

WS000869
顎や舌の筋肉が衰えることで口呼吸に
なるということも知られています。


顎と舌の筋肉を鍛えるには、噛む力を
つけることです。日ごろの食事を
見直して、柔らかい物ばかり好んで
食べていないかをチェックして
みましょう。




鼻呼吸に改善するには練習あるのみ


寝ている時に鼻呼吸をするためには、
起きている時の訓練がとても効果的

といわれています。


呼吸を意識して鼻で行うことはもち
ろん、様々な専用グッズで鼻呼吸に
変わるための練習をしましょう。


例えば、市販されているものであれば、
鼻の通りを楽にするテープがあります。


このテープを貼ると鼻孔を広げてくれ
ますので、鼻で息がしやすくなり口を
閉じても違和感なく鼻呼吸をつづけ
られます。



こちらは睡眠時に使えるものも市販
されていますので、試してみてはいかが
でしょうか。

WS000828

それでも睡眠中のよだれが気になる時は


電車や飛行機などの移動時間が長くて
うたた寝をしてしまいそうな時、すぐ
にでもできるよだれの対策として、
「マスクを着用すること」
をお勧め
します。



マスクをしていれば口を開けて寝て
いることが周囲に分かりませんし、
よだれが出ても気付かれることも
ないでしょう。


あごの下にハンカチを置いておくなど
すればよだれの量が多い人も気にせず
うたた寝ができます。



ただし、これはあくまでも一時的な
対策です。

WS001165
マスクの中でよだれが出ることは
決して気持ちの良い事ではないので、
口を開けて寝てしまう習慣を改善する
ことが大事
です。



口呼吸の自覚がない人でも、よだれが
多い原因のほとんどが口呼吸と言われ
ています。



まずは自分の日ごろの呼吸が鼻と口、
どちらで行われているかチェック
して鼻呼吸になるように治療や訓練
をしていきましょう。