湿布(シップ)って使いますか?肩こりに湿布使うと気持ちいいですよね。

どんな効果があるのか知っていますか?温湿布と冷湿布使い分けは?

湿布(シップ)の使い方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

肩こりに湿布(シップ)は効果あるのか?

肩こりは肩の筋肉がこりかたまって血行が障害された状態です。それを湿布(シップ)で効果があるのでしょうか?答えとしてはすこ~しだけあるかもくらいです。



血行をよくする可能性が少しでもある温湿布を使うほうがいいでしょう。肩こりに湿布(シップ)を使って効果があるような気がするのはなぜでしょうか?



それは湿布の中の成分が関係します。成分の中には痛みをやわらげる効果があるものがあります。痛みをやわらげるということは痛みをマヒさせるんです。



そのため、湿布を貼ったあとは肩が痛くなく、効いたような気がするんです。つまり、肩こりが治ったわけではありません。 



肩を痛めてしまって炎症が起こり、熱をもったようなときにはもちろん効果はありますが、肩こりの根本的なものは治らないのです。 



この肩こりほぐし動画はみんなが効く効くと書き込みされていたものです



↓↓肩こりの解消方法のまとめ
肩こりを根本的に治すには?? 



スポンサードリンク


温湿布と冷湿布の違いとは?

温湿布と冷湿布って温と冷って書いてあるからそれぞれ温める効果と冷やす効果があると思っていますか?実は違うんです。



温湿布の効果は貼った場所の熱を少し取ります。冷湿布の効果は貼った場所の熱を少し取ります。両方とも熱を少し取り除く効果と痛みをやわらげる効果があるんです。温湿布も冷湿布も成分は基本的には同じです。 



湿布の成分として入っているものは基本的にはこの中のどれかではないでしょうか?



サリチル酸メチル・・・鎮痛作用があり、痛みをやわらげます。(痛みを感じにくくしている麻痺効果)


dl-カンフル・・・消炎作用。痛みをやわらげます。


インドメタシン・・・消炎作用。痛みをやわらげます。


フェルビナク・・・消炎作用。痛みをやわらげます。



そして温湿布と冷湿布の成分の違いは


温湿布・・・トウガラシエキス


冷湿布・・・メントール



この違いだけです。たったこの二つだけ違うんです。この二つの効果はトウガラシエキスは皮膚の熱を感じる点を刺激して、温かく感じさせます。メントールは冷たく感じる点を刺激してひんやり感じさせます。



このため基本的には両方の効果として痛みと熱を取り除き、温かく感じるか、冷たく感じるかだけしか変わらないのです。※温湿布のトウガラシエキスは皮膚を刺激して皮膚の血行を増やすこともあるそうです。



湿布を貼る場所が熱を持っている場合は温湿布は避けたほうがいいでしょう。それ以外の場合は、ひんやりもしくはポカポカさせるのがどちらが気持ちいいかで決めてしまっていいのです。 


25E625B925BF25E525B82583

温湿布と冷湿布を使うタイミングは?

温湿布と冷湿布の効果は痛みをやわらげて、炎症を抑えるもので同じなのですが、一般的に言われている使うタイミングを紹介します。



打撲、捻挫などが起こった場合、そこは熱を持ちます。そのためまずは冷湿布を使います。そして、4~5日ほどして熱が下がったら、温湿布で血行を増やしてやるといいです。



温湿布に含まれるトウガラシエキス(カプサイシン)は皮膚の温度を上げる効果が少なからずあるようです。そのため、熱を持っている場合は使わないほうがいいでしょう。



また、温湿布を使うタイミングはお風呂あがりの血行がよくなっているときに使うとさらに効果的になります。基本的にはひんやりとポカポカのどちらが気持ちいいかで決めてしまって大丈夫です。


app-093708600s1353416513


そのほかの読まれている記事


花粉症に効く食べ物はこれだ!! 


正しいうがいをしていますか?? 


とつぜん万引きしてしまう病気とは?? 


男はなぜ浮気をしてしまうのか!? 


ハゲ予防できる食べ物知っていますか?