心神喪失状態であったため、不起訴と
なりました。こんなニュースを見たこと
がありませんか?

心神喪失状態であったならどんな犯罪
さえも無実となってしまうような理不尽
さを感じてしまいます。

そもそも心神喪失状態とはなんなの
でしょうか?

スポンサードリンク

心神喪失とは?

精神の障害が原因とし、悪いこと・
良いことの判断することが出来る
能力が無い


またはそれに従い行動することが
出来ない状態のことです。


とにかく悪いことをしているという
自覚が無い状態ってことですね。


また、悪いこと・良いことの判断する
能力が普通の人より著しく低い状態の
ことを心神耗弱
(しんしんこうじゃく)
と言います。


例としては精神障害や覚せい剤の使用
酔っ払いなどがあります。


覚せい剤や酔っている状態では気が
大きくなってしまい、問題を起こして
しまったりするのは、自分がしている
ことが悪いことって判断出来ない状態
のため
ってことです。


心神喪失状態であることの認定は
専門家である精神科医の意見が鑑定
の証拠となっており、それに基づいて
判決が言い渡されることが多いよう
です。


心神喪失と認定されることは非常に
珍しく10年間で数人ほどしか認定
されていません。


ニュースなどで刑が軽くなっている
ケースは心神耗弱(しんしんこうじゃく)
状態であるものが多いです(10年間で
80人ほど)。


覚せい剤の使用、酔っ払いなど自ら
心神喪失状態となった場合に無罪判決
となることはありません。


刑が軽くなっているケースはあります。
これはなんだかおかしな話に聞こえます。

スポンサードリンク


心神喪失だとなぜ無実になるのか?

DSC06477

これはもう法律で決まっているから
としか言いようがありません。


法律ではこう決まっています。


心神喪失状態の場合は、罰しない。

心神耗弱状態の場合は、減刑する。


しかしながら殺人などの重罪に対して
世論が重罪を望む方向となっている
ため、心神喪失の認定とはならず心神
耗弱と認定されることが多いです。


心神耗弱と認定された場合も、普通の
場合よりも刑を軽くしなければならない
と法律で定められています。


ただし、最近では精神疾患であっても
=心神喪失、心神耗弱というわけでは
ない判断が増えてきています。


また、弁護側が心神喪失であると主張
しても認められないケースのほう
が多いです。


心神喪失状態の責任能力

心神喪失と認定された場合、責任能力
が無いと判断されているので、不法
行為の損害賠償責任を負わないことに
なっている(酔っ払い、覚せい剤は
除く)。


つまり、なにも賠償はしないでよい
という・・・。


もちろん監督者が原則として責任を
負う
ことにはなります(両親等)。


なんどニュースを見かけても、なぜ
刑が軽くなるのだろうと理不尽さを
感じる人は多いのではないでしょうか?


このためこの刑法を廃止、改善しよう
という動きも多くあります。


事件に巻き込まれた人のニュースを
見るたびにやるせない気持ちになり
ますよね。


そして殺人者は野に放たれる
↑↑心神喪失で無罪判決とされたドキュメント作品です。
よかったら読んでみてください。