強い紫外線を受けすぎて、目が痛い、
充血したり、目が疲れたりすることが
あるのは知ってますか?

紫外線が目に与える影響について
まとめてみました。

スポンサードリンク

紫外線で目に与える影響!症状は?

紫外線による影響で多いのは目が痛い
というもの。雪山でスキー、スノボを
した後に目が痛いのと同じです。


雪が紫外線を反射して、目にダメージ
を与えます。


雪山ではなくても紫外線によって目が
痛くなることもありますよ。目が痛い
のは目に炎症
が起こっているんです。

WS000659

そんなときは目を冷やしたり、抗炎症
作用のある目薬で対処するのがいい
でしょう。


紫外線が目に与える影響の中で1番
ひどい症状としては失明があります。
紫外線によって目が見えなくなる
可能性があるんです。


もちろんいきなり目が見えなくなる
ことはありませんが、紫外線が目に
与える影響は小さくないようです。

WS000655

・目に紫外線を浴び続けてダメージが
蓄積することで

『瞼裂斑(けんれつはん)』

という病気になる可能性があります。


白目部分のタンパク質が変性して
しまうのです。白目に黒いシミ、
充血を引き起こします。

WS000660

・他にもしが紫外線の影響で起こる
ものとして

『翼状片(よくじょうへん)』

という病気もあります。白目部分の
角膜が黒目に浸入してくるのです。


これも充血、ドライアイ、目の疲れ
などの症状が起きたあとに進行して
いき、最終的には失明の可能性も
あります。

WS000661

・まだ紫外線の影響からくる目の病気
はあります。

『白内障』

は目の水晶体の部分に紫外線による
ダメージが蓄積することで、白く
濁っていく病気です。


どの病気もいきなり症状が出るもの
ではなく、紫外線の影響を長く受け、
ダメージが蓄積されることで症状が
出てきます。

WS000662

ここで挙げた病気の初期症状としては
・充血
・目が疲れる
・ドライアイ
・異物感


こんなものがあります。これらは3つ
ともに共通するものなので注意して、
症状を進行させないのが大事です。 



スポンサードリンク


紫外線が強い季節って知ってますか?
紫外線が強い時期と時間っていつなの? 



紫外線から目を守るには!

紫外線のダメージは蓄積してしまう
ので、毎日の対策が必要です。とくに
子供の時から紫外線対策するのは大事
だと言われてきました。


紫外線のあまり強くない時間帯の朝と
夕方でも太陽の角度によって目に
ダイレクトに紫外線を浴びることに
なるんです。

WS000658

・お散歩
・通勤
などなど

そのため、外出するときには常に
紫外線のことを考えるのは大事です。


一番良い対策はサングラスです。
UVカットしてくれるタイプ
のもの
でないとダメです。

WS000657

帽子もある程度は目への紫外線を
抑えてくれるのでいいんですが、
50%くらいしかカットしてくれない
ようです。


出来ればサングラスを!UVカットの
コンタクトもいいですね。できるだけ
早く紫外線の対策はしていきましょう。



紫外線についてこんな噂聞いたこと
ありませんか↓↓い
曇りの日の方が晴れより紫外線が強い?