暑くなってくると気になりますよね!紫外線!
お肌だけでなく、髪の毛の調子も悪くしてしまい、
なるべく避けたいものです。


そもそも紫外線とはいったい何なのでしょうか?
波長があると聞いたことはありませんか?


それと簡単にですが紫外線対策についてまとめました。

スポンサードリンク

紫外線とは?波長とは?

太陽から飛び出た光にはいくつもの波長があります。
10~400nm(ナノメートル)の長さのものを
紫外線
と言うんです。



みなさんは虹を見たことがありませんか??
空にかかる7色に見えるアレですね。あの虹の
色の違いは太陽の光の波長の違いによるです。



赤色に見える波長や緑色に見える波長があるわけ
なんです。その虹の外側の色が紫色なんですが、
紫色の外側はもう空の色ですよね?


虹(061008)%20004


その紫色の外の何も見えないところに実は、紫外線が
あるんです。紫の外側の波長だから紫外線と言います。
(簡単な説明ですみません・・・)



つまり紫外線とは目に見えない太陽の光の部分
って説明になっちゃいますね!!
(目に見えない紫外線ではないものも少しあります。)



そしてその見ることのできない紫外線にも種類が
あります。紫外線はUV(UltraViolet )と言います。


sun1


UVの中でも波長の長さによってUVA、UVB、UVCがあります。
(ほかにもありますが、地上までくるのがこの3種類)



UVAは海に行ったとき肌が真っ赤っかになりませんか?
これがUVAによって引き起こされています。



UVBはいわゆる黒くなる。日焼けの原因なんです。



UVCは地球を囲んでいるオゾン層が吸収して、
地上にはほぼきていません。オゾン層の破壊
いろいろな影響が考えられてはいますが・・・


スポンサードリンク


紫外線の対策はどうればいいの??

紫外線の対策はいろいろとありますが、年中して
おいたほうがいいのは当たり前
になっています。



太陽の光が強い夏にはもちろん紫外線はたっぷりと
あなたのもとにやってきて、ジリジリと日焼けと
肌へのダメージを与えています。



しかし、寒い冬にもしっかりと紫外線はやってきて
います。紫外線のダメージは積み重なってあらわれます


taiyo

気づきにくいですが冬の間の紫外線対策も重要です。
もうひとつは曇りの日もです。紫外線は曇りの日でも
降り注いで
います。



晴れの日を100%とするならば


曇りの日は60~70%くらいは紫外線があります。
ついつい紫外線対策を忘れるとダメージを受けます。



まだあります!日陰は大丈夫だと思っていませんか?
紫外線は反射します!日陰でも50%くらいは紫外線を
浴びていると考えてもいいと思います。


etcm130028


家の中などは入り込みにくいので大丈夫ですが、窓から
太陽の光が入ると日焼けしちゃいますよ!!



紫外線対策


1.日焼け止め

基本的に夏の紫外線が強い時期でもSPF25、PA++で
十分です。真夏の海やレジャー、スポーツを外でする場合は
SPF50、PA+++のものを使えばいいでしょう。



紫外線が強くない時期ならSPF20、PA+~++くらいで
日常生活は大丈夫なんです。



そしてコツはいっぱいつけるのではなく、こまめに
塗りなおす
ことです。


日焼け止めを選ぶならこちらから>>



2.帽子

帽子はムれて髪によくないと思っていませんか?
紫外線によるダメージのほうがよっぽど深刻なの
は知っていますか??


WS000074



3.日傘

しっかりとUVカットの素材のものを選びましょう!


日傘を選ぶならこちらから>>



帽子や日傘をしていれば日焼け止めはしなくていい?
そんな甘い考えはダメですよ。日陰でさえも反射で
50%も紫外線の影響を受けます。



4.サングラス、メガネ

眼も紫外線のダメージは蓄積されていくとことが
わかっています。UVカットのものを選びましょう。


読まれている記事

潮干狩りの時期はいつ??

熱中症の対策を怠るな!!

梅雨の語源知っていますか??