日焼け止めを使う時に気になるのは
紫外線をどれだけシャットアウトして
くれるかのSPFの値とPAの+の数だけ
を見ている人は多いでしょう。

それだけではなく、紫外線吸収剤か
紫外線散乱剤に注目して選んでみては
どうでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットは
何なのか。成分など違いは、どんな
ものなのか、まとめてみました。

スポンサードリンク

紫外線散乱剤と吸収剤にはそれぞれ
メリットとデメリットがあります。


日焼け止めを塗ると荒れてしまう場合
や日焼け止めの成分にこだわりがある
場合にはメリットとデメリットは把握
しておいたほうがいいでしょう。


それぞれのメリット、デメリット、
成分について紹介していきます。

スポンサードリンク


紫外線散乱剤とは!成分は?

紫外線散乱剤とは名前の通り、紫外線
が到達すると跳ね返してくれることで、
肌を紫外線から守ってくれます。


主な成分名は酸化チタン、酸化亜鉛
いう鉱物由来のもので、化学化合物では
ありません。


日焼け止めには酸化チタン、酸化亜鉛
と成分表示されています。


また、ほとんどの紫外線散乱剤には
ノンケミカルと表示されています。


紫外線散乱剤のメリット

紫外線散乱剤のメリットの一番は
やはり肌に優しいということで
しょう。


合成化合物ではないので肌への負担
が低いのです。


また、紫外線散乱剤は安定しており、
紫外線に当たっても構造が変化しにくい
のです。つまり一度塗ると効果が長持ち
します。


日焼け止めはこまめに塗り直すのが
基本ですが、こまめに塗り直すのが
めんどうな人には良い
かもしれません。


実際に水に濡れてしまったり、汗を
かいてタオルで拭いたりしなければ
塗り直さなくても日焼け止めの効果
はほとんど落ちないです。


UV–A波とUV–B波の両方ともに防止
してくれるのもメリットの1つでしょう。


紫外線散乱剤のデメリット

紫外線散乱剤のデメリットはとにかく
使用感が悪いことでしょう。


ベタベタしてしまったり、白浮きして
しまったり、化粧ノリも悪いことが
多いです。


これは酸化亜鉛や酸化チタンがもと
もと粉末なので、配合量を増やせば
増やすほど白浮きしてしまうのです。


そのため、それほど強い日焼け止め
効果は得られません。SPF30くらい
までが限界
のようです。


ただし、最近では白浮きしないように
パウダータイプの紫外線散乱剤の商
品があります。


また、酸化亜鉛を使った紫外線散乱剤
であれば、金属アレルギーの症状が
出ることも
あるので注意が必要です。
(酸化チタンはアレルギーが出ません)


紫外線吸収剤とは!成分は?

紫外線吸収剤は紫外線が当たると、
一度吸収して化学エネルギーに変換

して逃がします。


これにより肌に紫外線が入ってくる
のを防いで日焼け止めの効果を発揮
しています。


紫外線吸収剤の成分はいくつか種類
があります。


  • t–ブチルメトキシジペンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン–3
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシケイ皮酸2–エチルヘキシル

いろいろな成分が紫外線吸収剤には
使われていますが、基本的には効果
は同じです。


紫外線吸収剤のメリット

紫外線吸収剤のメリットと言えば、
紫外線を防ぐ効果が高いということ
です。


SPFの数値が高いものには紫外線
吸収剤が使われているのです。


また、無色透明で白浮きすることは
無く、さっぱり
としたつけ心地なの
もメリットでしょう。


化粧水タイプ、ジェルタイプ、
クリームタイプなど好きなつけ心地
のものを選べるのも紫外線吸収剤です。


紫外線吸収剤のデメリット

紫外線吸収剤のデメリットといえば、
肌への負担が大きいということです。


成分が化学合成物なので、肌荒れを
起こしてしまう人がいます。


また、紫外線を浴びて変換された
化学エネルギーが刺激となって肌が
出てくる人もいます。


ただし、紫外線吸収剤をコーティング
する技術によって肌への負担を低く
している商品が開発されてきています。


また、紫外線を浴びているうちに成分
が壊れていってしまうためにこまめに
塗り直さなければダメ
なところも
デメリットになります。


紫外線散乱剤と吸収剤はどっちが良いの?

紫外線散乱剤と吸収剤のどっちを選ぶ
かというのが話題になることは多い
ですが、一長一短です。


とにかく肌が弱く荒れやすいのなら
紫外線散乱剤のノンケミカルな商品

から選ぶと良いでしょう。


また、化学合成物が使われている
のは嫌だというこだわり派でも同じ
で、紫外線散乱剤にしましょう。


ただし、紫外線を防ぐ効果は吸収剤
よりも弱いため、紫外線が強い場所
に行く時には日傘や帽子など日よけ
グッズも併用しないとダメです。


日焼けをとにかく予防したいという
場合には紫外線吸収剤をこまめに塗り
直すほうがいいいいです。


普段使いなら肌への負担が低い紫外線
散乱剤のタイプ、レジャーなどの
紫外線を浴びてしまう時には紫外線
吸収剤という使い分けをするのもあり
です。


あとはそれぞれの商品の肌触りや使用感
で決めていくようにしましょう。