縦型洗濯機とドラム式洗濯機、どちら
を選んだらよいか結構悩みますよね。

双方にメリットとデメリットがあるの
ですが、詳しく知っている人はそう
多くはないのではないでしょうか。

選び方はどうすればいいのかまとめて
みました。

スポンサードリンク

縦型洗濯機のメリット

まず、縦型洗濯機は昔から用いられて
いるこすり洗いを電動で行うように
したものです。



メリットは、多量の水で洗剤を泡立て
布同士をこすり合わせて洗うので、
頑固な汚れもしっかり落とせること
です。



日本の水は軟性なので洗剤の泡立ちが
良く、そこにこすり洗いを合わせる
ことで洗浄能力が非常に高いのが
特徴です。



また、洗濯機のサイズも様々でドラム式
と比べて安いものが多いというのも
メリットでしょう。


縦型洗濯機のデメリット

こすり合わせて洗うので生地への負担
がかかりやすいのがデメリット

いえます。



洗濯物がシワになりやすく、よれて
しまいがちです。



そして乾燥機能がある縦型洗濯機は、
乾燥しきれないことも多く、シワに
なりやすいです。



さらに乾燥機能の電気代は高いです。

WS000405


ドラム式洗濯機のメリット

ドラム式洗濯機は重力を利用して上
から下に叩きつけながら洗うので、
少ない水でも洗浄力が衰えることが
ありません。



節水効果も非常に高いのでランニング
コストが良いです。



また、縦型と比べて洗濯物が絡み
合ったり、シワになることが少ない
です。



そして1番のメリットは乾燥機能です。
乾燥能力が高く、ふんわりとしあげて
電気代も縦型よりも安いです。


ドラム式洗濯機のデメリット

構造上の問題からか多量の洗濯物を
処理するには不向きです。



縦型よりも洗浄力は低いということ
もデメリットです。



また、乾燥のたびに手入れをする
必要があり、怠ると壊れてしまいます。



サイズは大型で小型というものが無く
値段がかなり高いのもデメリットで
しょう。

WS000406


縦型とドラム式の選び方

縦型とドラム式にはそれぞれメリット
デメリットがありますが、選び方の
ポイントはそれを利用する家庭環境
によります。



家族が多く、毎日の洗濯量が多い
場合は縦型洗濯機



子供がよく服を汚したり、仕事服
の汚れが多い時にも縦型洗濯機



外干しせずに乾燥機能を重視する
ならドラム式



まずはこれが1番の選び方のポイント
です。とくに乾燥機能ならドラム式
しか考えられません。

WS000407


乾燥機能ならドラム式

縦型洗濯機にも乾燥機能はついて
いますが、ドラム式のそれとは雲泥
の差
があります。



もともと衣類同士をこすり合わせる
ことを前提に設計されているので、
重力を使って衣類を舞い上がらせて
乾かすドラム式とでは根本的に性能
が違います。


洗い物の量なら縦型

大きさで考えると、縦型洗濯機が
10kg以上のモデルもあるなか、
ドラム式洗濯機には8kgを超える
容量のモデルは発売されていません。

WS000408


騒音性なら縦型

そして、洗濯機を動かす際の静粛性も
ポイントです。



縦型洗濯機は水流の力で洗う分洗濯機
が出す音は非常に静かです。



東芝の製品などは静粛性を売りにして
いるので、良く聞かなければ動いて
いるかどうか解らないほど静かです。



ドラム式は叩き洗いが基本なので、
縦型に比べると運転時の音が気に
なります。



特に脱水する時の音は結構大きい
ので、集合住宅で夜中に使用する
機会の多いご家庭では縦型洗濯機
を選ぶ方が良いかも
しれません。

WS000404


価格なら縦型

あとはやはり価格の問題があります。
従来からある縦型洗濯機は各メーカー
製造のノウハウが確立しており、
コストパフォーマンスに大変優れて
います。



同じ洗浄力レベルのドラム式洗濯機
とは比べ物にならないくらい安価
で手に入るのが最大のメリットです。



ドラム式洗濯機はその強力な乾燥
機能を使うことにより、コイン
ランドリーの便利さを家庭で
味わえる反面、価格的に高くなって
しまいます。



あとは洗濯機を置く場所に合うサイズ
かどうかは絶対に確認しておきましょう!!