逝去、崩御、薨御、薨去の意味や使い方、
違いは知っていますか。その読み方は?

いまさら聞けないことを調べてみました。

スポンサードリンク

逝去とは!読み方、意味は?

『逝去』の読み方は?『せいきょ』と
読みます。その意味は人が亡くなること。



死ぬという言葉の尊敬語で、亡くなった方を
敬う言い方
だと逝去になるんです。

WS000425


逝去の使い方は?

逝去を間違って使わないよう注意しましょう。
母が逝去いたしました。など身内に尊敬語は
使いません。



社内の人が亡くなり、社外に伝える場合に
弊社の社長が逝去いたしまして。
なんてのも間違った使い方ですよ。



身内ではない人が亡くなったときに逝去
という言葉を使いましょう。

スポンサードリンク


崩御の読み方、意味は?

読み方は『ほうぎょ』です。その意味は人が
亡くなることなんですが、亡くなる人が

天皇、皇后、皇太后、太皇太后の場合だ
と崩御という敬語を使います。



皇帝なんかにも崩御を使いますよ。日本の
場合は天皇以外には使わないって考えの
人もいます。



皇太后が亡くなったときに逝去を使っていた
新聞があった。

WS000423


薨御の意味、読み方は?

読み方は『こうぎょ』です。皇太子や大臣が
死のときに使います。天皇クラスよりは
ひとつ位が下の方に使います。



大臣って言ってもいまの内閣とかではなくて
皇族の中の大臣のこと。

WS000424


薨去の意味、読み方は?

読み方は『こうきょ』です。意味は他の言葉と
同じで、人の死に使うのですが、皇太子妃、
親王、親王妃の場合に使います。



薨御を使うクラスよりひとつ下の位の
方に使います。

WS000427

それぞれの言葉は人の死のときに使うもの
ですが、相手によって使い方を変えます。



薨御、薨去をどの人に使うかは人それぞれ
ですが、皇族に対してしか使わない敬語です。



逝去、崩御、薨御、薨去の意味はすべて
同じで、使う相手によって使い分ける
尊敬語だったんですね。