三寒四温って言葉聞いたことありますよね?

日本では冬の間に1回くらいしか無いの知っていました?

正しく使えていますか?三寒四温についてまとめてみました。

スポンサードリンク

三寒四温の意味・使い方

日本では正しい意味での三寒四温は
ひと冬で1回くらいしかないんです!



だんだんと暖かくなっていくことを
表しているわけではないんですよ!


冬期に寒い日が3日ぐらい続くと、そのあと比較的温暖な日が4日ぐらい続き、寒暖が繰り返される現象。


冬の寒さは風速に支配される部分が大きいから、このような繰り返しはシベリア高気圧から吹き出す風の強弱によっても現れる。


三寒四温は日本の本土の天候にはあまりはっきりとは現れず、ひと冬に1回あるかないかという程度である。


これは、日本付近の冬の天候が、シベリア高気圧だけでなく、太平洋の高気圧の影響を受け、天候の変化の様相が複雑になるからである。
引用:wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AF%92%E5%9B%9B%E6%B8%A9)


sun&cloud


つまり冬の間(秋の終わりごろ~初春)の時期に
3日の寒い日と4日の暖かい日とが交互にくることを表しています。



春先に少しずつ暖かくなっていく様子を意味していないんですね! 



気候の関係で三寒四温は日本では少ないんです。
そのため日本では寒い日と暖かい日が交互になって
続いているときに三寒四温って言葉で表しているようです。



本当の意味で三寒四温を使っていましたか?



しかし!最近では春先に使われてしまっていることが多いんですけど・・・
心の中で本当の意味と違うのにな~思っていてください。


スポンサードリンク



三寒四温の反対語・英語

三寒四温の反対語って無いんですよね。 



本来の意味ではただ単に寒い日と暖かい日が交互に来る気候の変化のことを
表わしてるだけなんで反対語は出てくるわけはないんですね。



少しずつ暖かくなっていくイメージで使っているから
反対語があるような気がするだけです。



※四寒三温って言葉はもちろんありません。



三寒四温を英語にすると

alternation of three cold and four warm days

もしくは

a cycle of three cold days followed by four warm ones

 0207-a-00011
 

 

まとめ


正しい意味

冬の間に3日寒い日・4日暖かいの周期で気温が変化すること。

時期は秋終り~春先までの冬の間です。


時期は秋終り~春先までの冬の間です。 



他の読まれている記事はこちら 

まじめでも急に万引きしてしまう病気とは!?

薄毛に効く食べ物とは!?

節分で恵方巻きを食べるのはなぜ!?