立春という言葉は聞いたことありますよね?

しかしいったい意味はなんなのでしょうか?

いつ立春が訪れるのか?立春とはまとめてみました。

スポンサードリンク

立春とは!?その意味は??

立春とは1年間を24に分けたときの二十四節気の第1に当たります。
この二十四節気は太陽の角度(太陽黄経)によって決められています。
太陽黄経が315度のときが立春とされています。



この立春から立夏までのことを『春』と呼ぶのです。
つまり言葉通り、『春が始まった第1日目』を意味してます。



そして立春の日が1年間で最も寒い日となっています。
また、立春の1日前が節分で、豆まき、恵方巻の日なんです。


恵方巻ってなぜ食べるのか?恵方巻を広めたのはまさかの○○!?



京都の立春映像です。暖かくなる季節は気持ちいいですよね。



スポンサードリンク


立春とはなにをする日なの?

立春の早朝に、禅寺では「立春大吉」と大書した紙を、門に貼るという習慣があります。

意味は「謹賀新年」に近いらしいのですが、この文字は縦書きにした場合、左右対称になるために、この立春からの一年間に災難などに遭わないという厄払いのようなものです。

一説には、同じ「立春大吉」の符札を、寺院や堂舎の入り口の左右に貼るとの記述もありました。

民家などでも、一年間災難に合わないようにとのおまじないとして、「立春大吉」の文字を、墨で半紙や和紙に書き、立春の日に柱などに貼っておくという方法もあるようです。


立春大吉

立春は昔の正月に近い日ということと、暖かくなる春が待ち遠しい季節でした。
寒い季節はどの時代でも作物もなく厳しい季節であったようですね。



立春のイベントは全国各地であるようです。
むかしから行われている新酒まつり(朝しぼり)があります。
搾りたてのお酒を味わう祭りので、各地で行われているようです。


↓↓新酒まつりのひとつがここ
白鷹禄水苑の新酒まつり



やはり立春の日に行われるイベントよりも、
その1日前の節分のほうがいろんなイベントが多いようですね。


節分の由来・意味とは!?


立春とはいつなのか?

だいたい2月4日ごろが立春にあたります。
年によっては太陽の角度が違うため、2月4日ではない年もあるんです。


ume

2014年は2月4日


2015年は2月4日



1985年~2020年まで2月4日


2021年から2月3日の日があります。


読まれている関連記事

節分で食べる恵方巻以外の食べ物とは?  


お賽銭っていくら供えるのが正しいか知っていますか?  


三寒四温の正しい意味知っていますか?