年末に贈るものといえばお歳暮です
が、お歳暮っていったい何なのか
知っていますか?どのように始ま
ったのでしょうか。


また、どの時期に贈るのが正しい
のでしょうか?


お歳暮をいただいたときの、お礼状
の書き方はどうすればいいのでしょう
か。

スポンサードリンク





1.お歳暮とは

お歳暮は日頃お世話になっている人に
1年の感謝の気持ちをこめて贈り物を
することです。



最近のバレンタインのように友人に
贈り物を贈りあうという形も多く
なっているようです。



感謝の気持ちを贈り合うという意味
で行うのは正しいものです。

スポンサードリンク


2.お歳暮の由来は

お歳暮という習慣はどのように始ま
ったのでしょうか。



お歳暮は年越しの御霊祭(みたま
まつり)と言われるものです。



これはご先祖の霊に魚介類の干物
などをお供えしていた
ものです。



お供え物は嫁いだ娘や分家の人が本家
に持ち寄ったことに始まります。



これが少しずつ変化していきます。

WS000424

現在では、年末に帰省できない子供
たちや遠方の親戚が、先祖の霊や
年神様に供えるお供え物を本家に
贈るようなっています。



(実家に贈るのは両親に感謝する
という意味だけでなく、ご先祖様
や、正月にやってくる年神様への
お供えなんです。)



また、日頃お世話になっている親戚
や上司の人などにも贈られるように
なっていきました。


3.お歳暮の時期

お歳暮を贈る時期は地域によって様々
です。



一般的な時期は12月上旬から12月
25日頃までに相手に届くように

することになっています。

地方によっては12月13日から贈り
始めます。



事始め(12月8日頃。地方によって
は事収め)の時期からお正月の準備
を始めます。



12月13日にはすす払いをして家や
お仏壇、神棚がきれいになってから
届けたいという気持ちからだと
いわれています。

WS000425

年末に近づくほどお正月の準備が
どんどん忙しくなっていくので、
25日までに届くようにします。



時期を逃してしまい、年を越して
しまいそうな時は「お年賀」・
「寒中伺い」(大寒が終わる2月
3日頃まで)として贈ります。


4.お歳暮はどんなものを贈るのか

お歳暮にはどんなものを贈れば良いの
でしょうか。毎年悩んでしまう人も
少なくありません。



お歳暮を贈るときのポイントとしては、
贈る相手のことを考えて品物を選ぶ
ということです。



趣味や嗜好も人それぞれですので
贈る人に合わせて選ぶと大変慶ばれ
ます。



近年の健康ブームもあり、少し高い
健康食品や有機・無農薬の食材・
健康器具を贈られる人も増えて
います。



普段の暮らしの中で自分では中々
購入できないので喜ばれることが
多いようです。

WS000426

だからといって、健康だけにこだ
わる必要はありません。



相手に何を贈ったら喜んでもらえる
のか、相手を思いながら選ぶのが
一番であり選ぶ人もワクワクして
くるのではないでしょうか。



お歳暮の金額はお中元の金額の2割
から3割増が目安といわれています。



お世話になっている度合いに応じて
決めるのが一般的です。



特にお世話になっている人には
5000円~10000円程度



仲人さんやお世話になっている上司
には5000円前後



親戚や知人には3000円~4000円位
が目安になっています。



これらはあくまで目安なので、自分
の年齢や贈る相手の年齢によって
変わってきます。

WS000427

また自分の経済状況もあるので
自分の無理のない範囲でされるのが
一番です。



商品としては定番になっている、
ビール・ハム・スイーツなどが
喜ばれます。



家族で過ごすことが多くなる年
末年始の家族団欒の時間にとても
重宝してもらえます。



最近では、フルーツなどの産地直送
のものや、相手が自分で好きなもの
を選ぶことが出来る、カタログギフト
も人気になっています。


5.お歳暮のお礼状

お歳暮を頂いたらすぐにお礼状を出し
ましょう。



ていねいな文章のお礼状でも時期が
遅すぎると感謝の気持ちが相手に
きちんと伝わりません。



相手もちゃんと届いているのか不安
になることも多いようです。

WS000428

お歳暮を頂いた当日にお礼状を出す
のがベストですが、遅くても2・3日
以内に出すように心がけたい
もの
です。



もし、遅れてしまったら、おわびの
文章を付け加えましょう。



年賀状の文中にお歳暮のお礼を付け
加える人も少なくありませんが、
年賀状とお礼状を一緒にするのも
マナー違反です。



お礼状と年賀状は別々に出しましょう。


6.お歳暮のお礼状の基本的な構成

①書き出し

12月の季節の言葉(初冬、師走、
霜寒、厳寒など)を使って書き
始めます。



例:師走の候、皆様におかれ
ましては益々ご健勝のことと
お慶び申し上げます。


②お礼の言葉

お歳暮のお礼の言葉を書きます。
難しく考える必要はありません。
感謝の気持ちをそのまま書くと
良いでしょう。



例:お心のこもったお品を頂き
ありがとうございました。
細やかなお心遣いに恐縮する
ばかりです。厚く御礼申し上げます。

WS000422


③本文

素直な喜びの気持ちを文章にして
みましょう。



また、最近の出来事や日常の出来事
を文章に組み込んでみると、相手に
より親近感をもってもらえます。


④結びの言葉

冬本番・年明けを迎えるにあたり相手
の健康等を気遣う言葉を書きましょう。



ご家族がいる方ならご家族のご健康
を祈るようなことも書くのも良いでしょう。



例:今年も残り僅かになりました、
お体をご自愛頂き良いお年をお迎え
になりますように、ご家族の皆様の
ご健康とご多幸を心よりお祈り申し
上げます。


⑤後付け

日付、差出人の名前、相手の名前を
書きます。



妻が夫の代理でお礼状を書くときは
夫の名前の脇下に小さく「内」と
書きましょう。



相手の名前は本文より少し大きめ
に書くととても丁寧だといえます。