神社にみなさんお参りに行かれますか?


1年に何度も行く方や、初詣だけの1回の方などいろいろだと思います。


そのときあなたはお賽銭(さいせん)はいくらお供えしてますか?


そもそもお賽銭をなぜお供えするのでしょうか?金額はどれくらいお供えするのが正しいのでしょうか?

スポンサードリンク

お賽銭(おさいせん)の意味

もともとはお米が供えられていました。お米が収穫出来てありがとうございますの感謝のためだったんです。



お金が世間に流通しはじめた時代に、同時に神社というものにお参りに行くという風習が出始めたときに少しずつお金がお供えされるようになってきたんです。



そして、お賽銭箱が置かれるようになったのは江戸時代くらいからと言われています。



4968982142490

お賽銭をお供えする理由はずばり!


神様や仏様に祈願成就(きがんじょうじゅ)のお礼として
感謝の気持ちでお供えするもの



なんです。お願いを聞いてもらうためのお金ではないんです。



いま生活していること・いいことがあったことへの感謝をするためにお参りするんですね。



そのほかにも



ちゃりーんという音で厄を払うという説、



また、お礼をお返しに行くという説もあります。



前回のお礼をするために神社などにお参りにいき。新しいお願いをする。



そしてお礼のためにお参りする。いいことなどがあったら必ず感謝のために



お参りにいくようにしましょう。


スポンサードリンク


お賽銭はいくら?金額はどうすればいいの?


5yen


まずよく知っているのは5円玉ではないでしょうか?5円玉の数を増やしていくとこんな意味になっていくんです。


■1枚(5円) 「五円」と「ご縁」をかけて「ご縁がありますように」という意味がある。

■2枚(10円) 2枚の五円玉を重ねることで「重ね重ねご縁がありますように」という意味がある。 ネガティブ意見として「ご縁が遠のく」という考え方もあります。

■3枚(15円) 15円(じゅうごえん)と「十分ご縁」をかけて「十分ご縁がありますように」。

■4枚(20円) 4枚の五円玉で「よいご縁がありますように」。

■5枚(25円) 25円(にじゅうごえん)なので「二重にご縁がありますように

■6枚(30円) 「安定と調和のとれたご縁がありますように」という意味がある。 「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があります。

■7枚(35円) 「3」と「5」で「再三ご縁がありますように」。 一方で、「散々なご縁にあってしまう・・・」というネガティブな意見も。

■8枚(40円) 「末広にご縁がありますように」という意味があります。(なぜかわかりません・・・)

■9枚(45円) 初詣の年始から、年末までの一年間を願うという意味で、「4」と「5」を合わせて「終始ご縁がありますように」。

■10枚(50円) 「五重の縁がありますように」や「10倍のご縁がありますように」という意味がありますが、この場合は50円玉一枚を使うことが多いようです。

■11枚(55円) お賽銭を「午後(ごご)」に投げることでご縁がある。

■13枚(65円) 「ろくなご縁にあわない」というネガティブな意見。

■15枚(75円) 「泣くようなご縁にあってしまう」という、これもネガティブな意見。

■17枚(85円) 「8」と「5」で、「矢継ぎ早にご縁をうけられる」。

■19枚(95円) 「苦しいご縁にあう」。

■21枚(105円) 「百(盛)り沢山のご縁がある」や「十分にご縁がありますように」。という意味があります。 一方で「当分ご縁がない」という意見も。

■23枚(115円) 「115(いいご)」で「いいご縁がありますように」。

■25枚(125円) 「十二分にご縁がありますように」。

そのほかにも合計で415円→良いご縁

485円→四方八方からご縁



そうは言っても金額は気にしなくて大丈夫です。

正しいお賽銭の金額はありません。



神様や仏様に対して感謝する気持ちがあることで十分なのです。  



神様に感謝する季節のイベント。
十五夜ですすき、お団子をお供えするのはなぜ?記事はこちら