お風呂の中で見かける「ピンク色」
のぬめりは、少し掃除を怠ると蛇口
の周辺や排水口周り、床と壁の境目
どにすぐに発生してきます。

このピンク汚れって何なのでしょうか?
原因は?

また、掃除方法と予防方法はどうすれば
いいのでしょうか?

スポンサードリンク

お風呂のいたるところに出現して
しまうこのピンク色のぬめりは指で
こするだけでも簡単に落ちます。



しかし、すぐにまた同じところに発生
してくるやっかいものです。



しっかり掃除をしているつもりでも、
このピンク色が出現すると、掃除を
していない不潔感が漂います。

スポンサードリンク


ピンク色の正体と発生する原因とは

多くの人がこのピンク色を「カビ」と
思っているようですが、それは違い
ます。



このピンク色は「ロドトルラ」という
きちんとした名前のある酵母菌
なの
です。(正式名称Rhodotorula rubra)



これは空気中に多数存在する酵母菌で
お風呂場だけでなくキッチンや洗面所
などの水周りに発生しやすいことで
知られている酵母菌です。



カビも相当繁殖力が強いのですが、
ロドトルラの方が繁殖力は更に強い
です。



酵母菌が付着した場所がピンク色に
なって私たちの目に留まるように
なるまで3日から4日たらずです。



カビと違って栄養を必要とせず水分
だけで繁殖していきます。



つまり、どこにでも存在していて、
水だけで3日もあれば繁殖してしまう菌

がピンク色の正体です。

WS000021


ピンク色のぬめりとカビの関係

ピンク色のぬめりであるロドトルラ
自体に毒性はありませんので、
極論でいえば放置しておいても
大丈夫なのです。



しかし、気づいている方も多いかも
しれませんが、ロドトルラの発生した
場所にはカビが生えてくることが多い
です。



そのため、ロドトルラは「これから
カビが生えますよ」という一つの指標

になる存在と言っても良いでしょう。



ロドトルラが発生するということは、
水が溜まりやすい場所ということで、
カビの温床になる可能性が高い場所
です。



そこに石鹸の泡などカビの栄養源と
なる物質が付着すればカビがグングン
成長していくのは当然のことなのです。

WS000012


ピンク色は繰り返し発生する

なぜ、同じところにばかりピンク色の
ロドトルラが発生するのかというと
、原因はその場所に水分が付着して
残りやすいから
です。



そして、ピンク色に気付いて拭き
取ってもまた同じ場所に発生する理由
は、菌自体をきちんと除去できて
いない
からです。



表面をこすり落としただけでは酵母菌
は消えていません。



成長したものが除去できただけで、
発生の元となる菌そのものは同じ場所
にとどまっているのです。



洗剤を使ってこすっても同じことです。



ロドトルラは特殊な膜で覆われた
構造体なので、洗剤や乾燥への耐性
が非常に強いのです。



掃除をしても同じ場所に何度も発生
する原因は、「きちんと除菌できて
いないから
」ということだったのです。
WS000014


掃除と予防方法は

通常の洗剤では表面しか落とし切れて
いないので、徹底的に除菌するために
「エタノール」を使いましょう。



薬局で購入することができます。除菌
には高い効果がある液体なので、一本
常備しておくと便利です。



ボトルのままでは掃除に使いにくい
ので、スプレー容器に移し替えて使い
ます。



このエタノールをペーパータオルに
拭きつけ、ピンク汚れの部分にラップ
をするように貼り付けて10分程度放置
します。



その後、歯ブラシなどでこすり取れば
綺麗に除菌できています。



ピンク汚れは放置しているとなかなか
落ちにくい固い汚れになっていきます
ので、ぬめりのあるうちに早めに除菌
することが大切です。
WS000339

このピンク汚れを発生させないために
は、お風呂上りに水気をしっかりふき
取る
ということです。



空気中に存在する菌ですから、お風呂
への侵入を完全に防ぐことはできません。



予防方法として大切なのは、繁殖する
場所を作らないということです。



お風呂から上がって換気扇を回して
いる人は多いはずですが、これでは
広い面の水分しか蒸発していきません。



蛇口の影や排水口の周りなどの細かい
部分の水分は残ったままですので、
ボロキレなどでその部分の水分を吸い
取って乾燥させておくことが唯一の
予防方法
と言えるのです。