お風呂に入ることは体を清潔に保つ
だけでなく、他にもたくさん健康や
美容に良い効果があるのです。

いつもはシャワーだけで済ませて
いるという人も、お風呂に入る効果
を知ると湯船につかる習慣をつけたく
なるかもしません。

夜のお風呂と朝のお風呂、どちらが
良いかについては、お風呂に入る
ことで得られる効果を理解すれば
おのずと答えがみえてくるはず
です。

スポンサードリンク

お風呂の医学的な健康作用

お風呂には医学的に証明された健康
や美容に良いとされる作用が3つあり
ます。


一つ目は、「温熱作用」です。温める
作用によって皮膚の内側にある毛細
血管や皮下の血管が広がって血流が
良く
なります。


血流が良くなることで体内の老廃物や
コリ、疲れなどが取れることが分かって
います。


肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを
和らげる効果の他、筋肉の柔軟性を
高める効果もありますので、体を
柔らかくするストレッチを行うのは
入浴後がベストタイミングです。


ただし、打撲や筋肉痛の直後などは
温めると痛みを増して逆効果になり
ます。


痛みが落ち着くまでは冷やして、
入浴はシャワーで済ませる必要が
あります。
WS000013

次に、「浮力の作用」というものが
あります。
水中の物体には浮力が
働きますが、それは湯船の中でも
同じです。


お湯につかると重力は地上の約10分
の1になりますので、体の重さを軽減
し、筋肉を緩めて足腰への負担を軽く
するのでリラックス効果が高くなり
ます。


3つ目は「静水圧作用」です。静水圧
とはお湯につかることでかかる水圧
のことです。


お湯に入ることでウエストが3センチ
以上縮むといわれていることはご存知
でしょうか。


このように体に圧力をかけることで、
下半身にたまった血液やリンパが心臓
へと戻りやすくなり血液の循環を促進
します。


むくみの解消にもなりますし、疲労
物質を流す効果も高いのです。

スポンサードリンク


お湯の温度と量で変わる効果

静水圧の作用に関係があるのがお湯の
深さです。


水圧は深くなるほど高くなりますので
肩までしっかりお湯につかる「全身浴」
では「温熱・浮力・静水圧」という
お風呂の医学的作用を最大限
に引き
出すことができます。


しかし、血液の循環が急激に良くなり
ますので、心臓にかかる負担が大きい
ため高齢の人や高血圧が気になる人は
避けた方が良い入浴法になります。


また、温熱効果が高いのですぐに汗を
かくほど体が温まります。


温まりすぎるとエネルギーをたくさん
使ってしまい、入浴後に疲労がたまり
やすくなりますので、浸かる時間を
短くするなどの工夫が必要になります。


「半身浴」はみぞおちのあたりまで
のお湯につかる入浴方法です。


お湯の深さが全身浴に比べて浅いので
心臓にかかる負担が少ないため長時間
の入浴に向いています。


下半身に水圧をかけることで、老廃物
や血液を心臓に戻しやすく
なるため
「むくみ」が気になる人や下半身の
疲れを感じている人におすすめの
入浴方法です。

WS000014 お湯の温度にも効果の違いがあり
ます。


まず、40度以上の熱めのお風呂
には、交感神経を優位にする効果
がありますので、朝や集中したい
時間の前にはお勧めの温度です。


夜、寝る前に入る場合にはなかなか
寝付けなくなってしまいますので
逆効果になってしまう温度です。


37~39度程度のいわゆる「ぬるめの
お湯」は副交感神経を優位にする
効果
があります。


副交感神経を優位にすることで
リラックス効果が期待できますので、
夜の入浴にはお勧めの温度です。


身体への負担が少ない温度でもあり
ますので、高齢者や小さな子供にも
お勧めです。


半身浴をするときには、37度くらい
のぬるめのお湯がベストです。

WS000015


健康や美容効果を高めるためにお風呂の中でもひと工夫

体全体の血行を改善し、関節や筋肉が
柔らかくなるお風呂では、体の様々な
症状の改善も期待できます。


「腰痛」への効果を高める入浴方法は、
浴槽の中でのストレッチ
です。


手で浴槽のふちをしっかりとつかんで、
腰をひねるイメージで左右にまわし
ます。


無理に力を入れてまわさなくても、
少しひねるだけで腰周りの緊張を
和らげることができるので慢性的
な腰痛のある人にお勧めです。


肩こりには「全身浴」がお勧めです。
首までお湯に浸かって、肩に「温熱・
浮力・静水圧」の効果を届けましょう。


肩を浸けるだけでも良いのですが、
肩を上下や前後に回す運動も取り
入れてみましょう。


肩周りの血流を改善してコリをほぐす
効果が高まります。


肩まで浸かる場合にはお湯の温度は
ぬるめに設定しておきましょう。


熱いお湯で肩まで浸かるのは体に負担
がかかりすぎますので注意しましょう。
WS000012

ひざに痛みを抱えている人は、浴槽に
入って立ち上がり、危険防止のため
手すりなどにしっかりとつかまり、
膝を軽く曲げ伸ばししてみましょう。


浮力や静水圧の作用によって痛みは
感じにくくなっているはずですが、
無理をせず、軽い曲げ伸ばしに
とどめておきましょう。


ひざ周りの血流が良くなり、痛みに
よって緊張した筋肉を柔らかくする
ことで痛みを軽減する効果がります。


足のむくみにはぬるめのお湯の半身浴
がお勧めです。


ふくらはぎを両手でつかんで足首から
太ももの方向にマッサージをして
いきます。


柔らかく揉むことと、血液やリンパ
の流れを助けるように「太ももに
向かって」マッサージすることが
大切です。