尿検査で尿蛋白が出てしまった時には
改善するためには食事が大事だと
されています。


いったいどんな食事をして改善して
いけばいいのでしょうか。


スポンサードリンク


健康診断などで実施される尿検査で
蛋白尿が検出されたとしても、起立性
や運動性などと言った一過性の蛋白尿
の可能性が多いです。


しかし、病気の症状として蛋白尿が
出ることも考えられます。


もし、蛋白尿が出る原因となっている
病気が特定できたのなら、早期に適切な
治療を受けることが必要です。


蛋白尿が出る病気は高血圧や食事の
偏りなどが要因となっていることが
多い
のです。


食事や運動など日常生活における摂
生を心がけることで発病リスクは低減
できる可能性は高いです。


その為、尿蛋白が出た時に改善する
のに心がける食事について知っておく
と役立ちます。

スポンサードリンク

腎臓に良いと言われる栄養素は?

健康診断などで尿蛋白が出るのは腎臓
機能が低下している可能性が考えられる
ので腎臓をいたわるべきです。


その為にも腎臓にとって良い食べ物や
飲み物を知っておくと良いですし、
腎臓にとって良い栄養を摂り入れる
必要があります。


腎臓にとって良い栄養素と言われて
いるのはオルニチンとカリウムです。


オルニチンについては肝臓に良い
イメージが一般的にありますが、
腎臓にも良い栄養素なのです。


それは、肝臓の機能が低下していると、
毒素のあるアンモニアを解毒できない
ままの状態で腎臓まで届けてしまう
ことになるからです。


それにより腎臓に負担がかかって機能
が低下してしまうことにつながるので、
オルニチンを摂取することは肝臓・
腎臓の機能低下を防いで元気な状態を
保つ
ことになるのです。

WS001086

一方、カリウムには利尿作用があって
塩分の吸収を抑える
ことで腎臓に対する
負担を軽減する作用があります。


ただし腎臓病や腎臓に関係する疾患に
なっている方は、摂取量を調整しないと
体に有害になるので注意が必要で、
医師など医療スタッフからの指示に
従って食事をすることが大事です。


尿蛋白が出た時に改善する食事とは?

尿検査で尿蛋白が発見されることで、
見逃してしまいがちな腎臓機能の低下
や腎臓疾患などを早期に発見すること
につながります。


つまり、尿蛋白は腎臓に関係している
ことなので、尿蛋白が出た場合の改善に
つながる食事は腎臓病の食事療法が適して
いる
と考えられます。


具体的には、良質なたんぱく質を量の
加減を心がけて摂取することです。


体にとって重要な栄養素のひとつと
なるたんぱく質ですから全く摂取
しないわけにはいきません。


数多くの食品に含まれているので摂取
しないことは不可能です。


そこでポイントになるのが量を加減
して良質なたんぱく質を摂取すること
と、摂取したたんぱく質を体内で効率
よく利用することです。

WS000341

それから腎臓病の食事療法で重視される
ポイントが減塩で、塩分を摂取し過ぎる
と腎臓の負担が大きくなることから、
まずは減塩することを指示されます。


尿蛋白に関しても同様に減塩すること
で数値が大きく改善される可能性が高い
ので、食塩の摂取を控えることが必要
です。


尿蛋白が出てしまった時には
・良質なタンパク質を摂る
・塩分摂取量を減らす

これが必要になってきます。


その他の原因で蛋白尿が出た時に改善する食事とは?

高血圧の人は心臓が血液を強い圧力で
押し出して循環させている状態です。


そのため、過剰に強い圧力で大量の血液
が体内を循環することで徐々に細胞が
傷ついてしまいます。


特に毛細血管が集中している腎臓は、
その強い圧力の影響を受けやすい臓器
で、腎臓の血管が傷ついてしまうと
蛋白を正常に処理できなくなります。


そして、尿に蛋白が大量に混ざること
があります。


このように高血圧により蛋白尿がでる
こともあるので、このような場合には
高血圧の食事療法
を心がけることが
改善になります。

WS000334

また、糖尿病により腎臓に障害が現れる
こともあるのですが、早期の段階では
蛋白尿が出ることはなくて、尿蛋白が
出るのは糖尿病性腎症が3期以降の状態
になってからです。


その為に、糖尿病による糖尿病性腎症
で蛋白尿が出た場合には、より厳重な
血糖値・血圧・タンパク質制限が必要

なので、必ず専門医など医療スタッフ
から栄養指導を受けることが大切です。