乗り物酔いになってしまったらつらい
ですよね。なるべく早くすっきりと治し
たいです。

その治し方ってどんなものがあるのか?
そもそも乗り物酔いを克服できるように
鍛えることができるのか調べてまとめて
みました。

スポンサードリンク

乗り物酔いを治すには?治し方

一度乗り物酔いになってしまうと治るまで
なかなか時間がかかってしまいますよね。



出来るだけはやく気持ち悪さから回復
したいものです。乗り物酔いを治す
ためにはなにをしたらいいのか!?



〇窓を開けて外の空気を吸う
〇乗り物から降りる
〇着ているものをゆるめる
〇ツボを押す



こういった治し方はいろんなとこで
紹介されてますよね。

WS001441

乗り物酔いのときは副交感神経が優位に
働いているので、交感神経を刺激して
やれば酔いが治ります!



こんな方法でも乗り物酔いを治すことが
できるんです。




〇氷をなめる

氷を噛まずに長めになめ続けます。冷たさ
による刺激で交感神経が活発になり、胃液
の分泌が減り、気持ち悪さがなくなって
いくんです。

WS001449

〇辛いものを食べる 

唐辛子などの辛いものを口に含んで汗を
かいちゃいましょう!交感神経が刺激
されることで乗り物酔いが治ります。



唐辛子を1本かじってみよう!



交感神経を優位に働かせて乗り物酔いを
治しちゃいましょう。



スポンサードリンク


乗り物酔いを克服するには?鍛えられるのか!?

乗り物酔いをしないように克服!なんて
ことができるのでしょうか。鍛えることが
できるんです。



なかなか大変ですがどうやって鍛えて
克服すればいいのか紹介します。



乗り物酔いは平衡感覚をつかさどる三半規管
が刺激されたり、動く景色のスピードに脳
が処理できないことから起こります。

WS001443

そこで三半規管と動体視力を鍛えて
乗り物酔いにならないように鍛えて
いきます。


1.片足で立つ

三半規管を鍛えるために、バランスを
とるようにします。左右の足どちらかで
立ち、バランスとります。



慣れてきたら目をつぶってみましょう。
毎日少しずつ繰り返すことで三半規管が
鍛えられます。

WS001451



2.でんぐり返しをする

片足でバランスをとるのができるように
なったら、でんぐり返しをしてみよう。



お布団の上で1日に前回転5回、後回転
5回
です。これも慣れたら目を閉じて
やってみましょう。

WS001452

するときはぶつかったりしないよう広い
とこでしてくださいね。もし出来る
くらい広い場所があるなら側転も取り
入れるといいですよ。



3.高いところから飛び降りる

高いといっても階段2段くらいでも大丈夫。
ケガしない程度なら高い方が効果的です。

WS001453



4.後ろ向きに歩く

これも平衡感覚を鍛えるのに効果的です。
できれば1日に10分以上はしたいです。

WS001454



5.イスに座ってクルクル回る

回転できるイスに座ってクルクルと回り
ましょう。急なストップと加速を加えて
やると効果的です。

WS001455



6.トランポリン

トランポリンでピョンピョンするだけで
三半規管が鍛えられます。

WS001456



7.公園で遊ぶ

鉄棒で前回りなどの回転をすることで
揺れに強くなります。



他にもシーソー、ブランコ、滑り台なんかは
遊びながら乗り物酔いを克服するために
積極的に。

WS001442



8.動体視力を鍛える

動体視力を鍛えることで脳の認識する
力をあげてやります。



今ではスマホに動体視力を鍛えるアプリが
いくつもあります。やってみてください。



他にも速読をすることで動体視力が
鍛えられていきます。



動体視力を鍛える道具も売ってます↓↓
アイトレ(eyetre)



10.スポーツをする

どんなスポーツも平衡感覚や動体視力は
鍛えることができます。



おすすめは水泳とダンスです!

WS001457



11.自己暗示

酔うかもしれないと考えることは大きな
乗り物酔いの原因になります。



自分は乗り物酔いなんかしないと自己暗示を
かけ続けることで安心感から酔わなくなる
ことも多いのです。



自己暗示の掛け方のまとめはこちら↓
自己暗示の手順>>