乗り物酔いってつらいけど原因って
なんなのでしょう。対策と予防で
なんとかしたいですよね。

ツボが意外と効くらしい!調べて
まとめてみました。

スポンサードリンク

乗り物酔いの原因って?

乗り物酔いが起こる原因とはなんなの
でしょうか。

乗り物酔いとは乗り物の揺れ、スピードの
加速、減速による重力などで耳の中にある
三半規管が刺激される
ことで起こります。

この原因としてはいくつかあります。

WS001444

〇眼からの情報
景色が流れていくスピードが速くて
脳が処理しきれていない。

〇鼻からの情報
臭いニオイ、車のニオイなど普段と違う
ニオイが原因となることは多いです。

〇平衡感覚
日常生活では起こらない揺れ方によって
平衡感覚がおかしくなる。うまく調節
できなくなる。

乗り物酔いはこういった原因によって
引き起こされるんです。さらに乗り物
酔いを起こしやすくするものがあります。

WS001445

〇精神的なモノ
乗り物酔いするかもという不安、自分は
乗り物酔いするという思い込み、その他に
精神的な悩みなどがあると乗り物酔い
しやすくなります。

〇身体的なモノ
疲れていたり、寝不足だったりすると
乗り物酔いしやすいです。

食べ過ぎ、お腹が空いているときも
酔いやすい。

WS001446

〇身につけているモノ
身体を締め付けてしまうような衣服なんか
だと乗り物酔いしやすくなります。

乗り物酔いになる原因はこんなところ
です。車内が暑くてクーラーが効かない
ことも乗り物酔いにつながります。

あとはゲームをしたり、読書をしたり
眼を動かすことは酔いやすくのでやめ
ましょう。



スポンサードリンク



乗り物酔いを克服する方法もあります↓↓
乗り物酔いを克服する>> 



ひどい乗り物酔いの対策と予防!効くツボがある!

乗り物酔いの対策をたてて予防して
いきましょう。


1.体調を整える

寝不足や疲れは乗り物酔いを起こしやすく
させます。前日には早めに寝ておくように
しましょう。

WS001448


2.食べ過ぎと空腹を避ける

乗り物に乗る1時間前には食事をして
おきましょう。そのときには腹八分目で
食べ過ぎはダメです。

逆にお腹が空いていると乗り物酔い
しやすくなります。

WS001458


3.揺れない場所に乗る、乗る向きを考える

乗り物で揺れやすい場所だと酔いやすく
なるのは当たり前です。揺れにくい場所を
選んでのるようにしましょう。

自動車なら助手席。バスならなるべく前。
それとタイヤの上の席は避けます。

船はなるべく中央に近い場所です。窓が
無い場合は酔いやすくなるので注意です。

WS001441

電車はどこでも同じですが、電車が進む
方向とに向かって座りましょう。後ろ
向きに進んでいると酔いやすくなります。


4.窓を開ける、ニオイ対策

空気をいれておくと酔いにくくなりますよ。
ニオイによって気持ち悪くなることも
多いので外の空気をしっかり取り込もう。

もし窓を開けられなくてニオイがきつい
場合はマスクを試してください。

それと景色を見るときは近くを見るのでは
なく遠くの方をぼんやりと見るといです。

WS001459

近くのものを見ると動きが速いので乗り物
酔いはひどくなります。


5.甘いものを食べる

甘いものや炭酸飲料は脳へのエネルギー
となり、乗り物酔いを起こしにくく
してくれます。

みかんなどの柑橘系はすっきりしそう
ですが、胃の動きを活発にしてしまい、
乗り物酔いをひどくさせるので
食べない
ように。

WS001460


6.眼を使わない

ゲームをしたり、携帯をいじったり、本を
読んだりするのは乗り物酔いを引き起こし
やすくさせちゃいます。

WS001461


7.ツボを押す

酔いに効くツボを押して、乗り物酔いを
予防します。すでに酔ってしまった
場合にも有効です。

内関(ないかん)

WS001463

合谷(ごうこく)

WS001462

このツボを垂直に押してやります。


8.酔い止め薬

市販の酔い止め薬を利用してみましょう。
ヒスタミン薬が入ってるのがいいです。

こういうやつ↓↓
トラベルミン内服液 【酔い止め薬】

飲むことでこれで大丈夫という思いから
乗り物酔い予防に効果があることも。


9.寝る

最高の予防法です。寝たら酔いません。
周りの人には乗り物酔いがひどいことを
先に伝えておきましょうね。

WS001464


10.乗り物酔い防止バンド

手首につけるだけで酔い止めの効果が
あるというもの。もちろん効かない人も
いますが、身につけると安心して、
酔わないという人も多くいるようです。

薬を飲みたくなかったり、妊娠している
ならぜひ試してみてください。

こういうやつ↓↓
酔い止め シーバンド


11.気持ちが大事

酔ってしまったらどうしよう。吐きたく
ない、ばれたくないなどの不安な気持ちは
乗り物酔いを引き起こしてしまうんです。

1~10までの対策、予防法をしたん
だから大丈夫だ!と自己暗示にかけると
いいです。

なかなか不安な考えにならないようには
難しいかもしれませんが、おしゃべりを
したりリラックスできることが1番の
予防になるでしょう


予防をしっかりしていても乗り物酔い
しちゃってたら↓↓
乗り物酔いしてしまったら>>