ニキビを病院で治療する方法には
どんなもんがあるのでしょうか。

いくつか紹介していきます。

スポンサードリンク

ニキビを病院で治療する場合、外用薬
を使用する場合が多くなっています。



皮膚科での治療方法としては、抗生
物質による治療がメイン
となって
います。



抗生物質でニキビの原因菌である
アクネ菌をおさえて治していくのです。



これに加えてビタミン剤で肌の回復を
促すという治療法が多いです。



また、真っ赤になってしまったニキビ
の炎症を抑えるために、ステロイドが
処方されることも多いです。



他にもレチノイド製剤による治療、
硫黄製剤による治療、漢方製剤に
よる治療、サリチル酸製剤による
治療、過酸化ベンゾイル製剤に
よる治療など、その治療方法は
多岐に渡ります。

スポンサードリンク

そのニキビの状態によって、用い
られる外用薬の種類が違ってくる
ので、どのような物質が含まれた
外用薬が処方されたのか、しっかり
チェックすることが大切です。



また薬を塗るのをやめると、また再発
してしまう可能性は高いのが皮膚科
での塗り薬です。



これはニキビが出来る原因を根本的に
解決できていないので、生活習慣など
を改める必要
があるのです。

WS000949

軟膏やクリームなど外用薬以外の
治療方法としては、ホルモン治療、
ピーリング、局所注射、レーザー
治療、イオン導入、光治療、点滴
治療などが挙げられます。



ホルモン治療は唯一の根本治療が
可能だということが大きなメリット
です。



ピーリングは有名なのでご存じの方も
多いかもしれませんが、古い角質を
除去して、ターンオーバーを正常にし
、肌の再生を促してくれる働きがあり
ます。



局所注射は即効性が高い治療方法です
が、再発率が高いというデメリットも
あります。

WS000953

レーザー治療も人気の施術の一つで、
ニキビ内の皮脂を取り除き、補助的な
治療をすることができます。



イオン導入は、ビタミンCを浸透させる
ことにより、肌質を変えることが可能
です。



光治療は最近注目を集めている方法の
一つで、LEDから発せられる光の力に
よってニキビを治療していきます。



点滴治療は全身の肌質を改善させる
効果があるので、顔だけでなく、全身
のニキビにお悩みの方に最適です。



このように病院でのニキビの治療方法
は、塗り薬と飲み薬、理学療法など、
様々な種類があります。

WS000869

できれば保険が適用される治療方法で
ニキビを治したいという方は多いでしょう。



保険が適用される場合、負担割合が3割
となるので、病院へ通いやすいという方
も多いでしょう。



保険が適用される治療方法は、外用
レチノイド、抗菌薬、硫黄製剤などと
なり、保険が適用されないのがケミカル
ピーリングや光療法などです。



治療方法は医師がニキビの状態に
よって判断し、薬を出してもらえますが
、診察時にきちんと保険が適用される
のか、確認しておきましょう。



ニキビの治療薬はドラッグストアなど
でも購入できますが、病院にて診察
してもらった方が自分にぴったりの治療
方法にてニキビを治すことができるので、
おすすめです。