暑い季節がやってくると怖いものが熱中症です。
あまくはみてはダメです!命をも奪う熱中症の
対策は万全にしておきましょう。


熱中症の症状を前もってしっておくと、
危ないかもと思えるかもしれません。


熱中症になってしまった場合の応急処置など
熱中症についてまとめてみました。

スポンサードリンク


熱中症の対策は?

熱中症が起こりやすい時期があります。
とくに注意しましょう。



/・梅雨明けなど急に暑くなった日
・とにかく暑い日



急に暑くなると身体が慣れていないために、
熱が身体にこもりやすくなります。



暑すぎる日ももちろん注意がいりますね。
夜に寝るときに暑すぎて熱中症になるなど
日中以外にも熱中症になっちゃうんです。



熱中症の対策として挙げられるものは、


スポンサードリンク


・こまめな水分補給

まずはこれが一番にきます。思った以上に身体の、
中から水分は減っていっています。汗をかいていない
状態でもです。



ミネラルウオーターなどのただの水だけではなく、
ナトリウムと糖分が必要ですので、1リットルの水に



スプーン半分くらいの塩と甘すぎにならない程度の
砂糖を溶かして飲むのが効果的です。



もちろんスポーツドリンクでもいいんですが、
すこし甘すぎなので水と半々くらいで飲みましょう。



のどがかわいたなぁともし思ったとしたなら、
すでに身体は水分不足の状態
となっています!

sun


・クーラーを使う

身体に悪い気がしてクーラーを使わないように
したりしていませんか?冷やしすぎはダメですが、
適度な温度にするのは身体に悪いことはありません。


・暑いところに行かない

もし出かけないといけないなら仕方ないですが、
太陽の下を行動したりしないよう心掛けるのも
効果があります。



直射日光は本当に身体にダメージを与えられて
しまうものです。日傘を使ったり、帽子をかぶるのも必要です。


・普段から汗をかいておく

暑くなる前から運動などで汗をかく習慣があると、
上手く汗をかくことができるため、暑さに強くなるんです。

c0079228_8242574


熱中症の症状は?

熱中症の症状として


軽いもの

めまい

立ちくらみ

汗がとまらない

筋肉が痛い(筋肉痛)


ちょっと重い

吐き気

頭痛

だるい

力が入らない


重い

意識がない

けいれん

体温が高すぎる

歩けない

意識がもうろうとしている



もし当てはまるものがあったなら、
すぐに涼しいところに移動しましょう。



症状が重いものなら迷わず救急車です!


熱中症の応急処置は?

応急処置は


  • 涼しいところへ移動
  • 水分補給
  • 身体を冷やす

この3つが基本的な処置になります!!

意識が無い、歩けないなどの症状や自分で
水を飲めないようなときは救急車
を呼んでください。

1397-1278491967

症状がそれほど重くないなら、涼しいところに
移動し、衣服を脱ぐもしくはゆるめて水分補給
してください!塩分と糖分も忘れずに!



身体を冷やす方法は扇風機やうちわなどを使い
身体を冷やします。冷たいタオルなどで手や足を
冷やすこともしましょう。



もし、重度の熱中症の人に遭遇した場合は↓↓
熱中症の処置方法!


読まれている記事

キーンってなる耳鳴りってなに??

そのムカムカ!逆流性食道炎になっていませんか?

不眠症を簡単にチェックしてみよう!