寝るときに暗くないと眠れない人、
明かりを付けたままでないと眠れ
ないという人、明るくてもすぐに
眠れる人など色々な人がいます。

寝る時に電気は消す?真っ暗?
豆電球?どれがいいのでしょうか。

また、明るい状態だとなぜダメ
なのかまとめてみました。

スポンサードリンク

暗いところで寝ることのメリット

人間の脳の中には「松果体(しょう
かたい)」と呼ばれる部分があります。



ここからメラトニンというホルモンを
分泌しています。



メラトニンは別名で「睡眠ホルモン」
と呼ばれるホルモンで、自然な眠りを
誘う作用があるホルモンです。



夜になると眠くなるのはメラトニン
が分泌され始めるからです。



メラトニンは暗くなるほど分泌が
スムーズになるホルモンなので、部屋
を暗くして眠るということは眠りに
入りやすくする
ということになります。
ws000218

睡眠リズムを整えるホルモンでもある
ため、レム睡眠・ノンレム睡眠のリズム
を上手に取りながら眠れるようになり
ます。



長時間の睡眠を取らなくても眠りに
よる疲労回復効果が高まります。



体の疲労回復だけでなく、脳の休息にも
睡眠リズムはとても重要になります。

スポンサードリンク


明るいところで寝ることのデメリット

電気を消すことをしない、明るいまま
で寝てしまうとメラトニンはなかなか
分泌されません。



体内時計によって夜になれば少しずつ
分泌され始めるのですが、その量が
少なくなかなか寝付けないという
ことになります。



寝付けても、睡眠のリズムを上手く
調整することができないので、何時間
寝ても疲れが取れた気がしないという
状態になってしまう恐れ
があります。

ws000222

ストレスの多い現代人は眠ることに
よってストレスを解消しています。



この点についても、電気がついたまま
であれば熟睡できず、ストレスが体に
悪影響を及ぼすことに繋がりかねません。



小さい子供は眠っている時に成長ホル
モンを大量に分泌して大きくなります。



部屋が明るいままだと熟睡していると
脳が自覚しないので成長ホルモンの
分泌も自然に減ってしまいます。



電気をつけたままで寝ることは、
子供の成長にとってあまり良くない
影響
といえます。



明るいところで寝続けると、明るい
ところでも平気で眠ることができる
ようになりますので、小さいうち
から眠るときには電気を消す習慣
をつけさせたいものです。

WS001026


真っ暗闇と豆電球

では、真っ暗闇と豆電球、どちらが
寝るときには適しているのでしょうか。



その答えは、実は「どちらでもない
のです。



自然の中でも夜は月や星によって少し
明るいものです。この明るさくらいが
眠りにはベストな明るさと言われて
います。

WS001025 豆電球の明るさは商品にもよりますが
平均してだいたい10ルクス前後です。



月の光はおよそ0.3ルクス。この
数値から見ても、豆電球では
明るすぎる
ことが分かります。



真っ暗闇はダメだけど、星や月の
明るさくらいの照明ってありません。



可能なら部屋の中に少しだけ、月
明かりを入れてあげるくらいが、
ベストな睡眠の明るさになるのです。



もし、照明器具を選ぶなら、なるべく暗く
なるタイプのものを選ぶようにしましょう。