暑い時期に収穫できる夏野菜!!
どんな種類がるのか知っています?

夏が旬の野菜の栄養などいくつか
まとめてみました。

スポンサードリンク

夏野菜とは

春に種をまいて夏から初秋にかけて
収穫する野菜
を夏野菜といいます。



夏に獲れるので夏バテに効くものが
多いですね。最近ではいつでも食べる



ことができたりしますが、旬だとさらに
栄養が高まる
のでおすすめです。


スポンサードリンク


夏野菜の種類、夏に旬の野菜の栄養は!

きゅうり

少ないながらビタミンCとカリウムを含み、
身体を冷やす効果とむくみを解消する効果、
抗ガン作用
をもっている。



ビタミンCを壊す酵素を含んでいるため
お酢と使うと良いです。

1183487730


ナス

ほとんどが水分で出来ており、以外と
食物繊維が多い。



成分のナスニン、アントシアニンには
抗酸化作用をもち、抗ガン効果
があります。

SANYO DIGITAL CAMERA


トマト

栄養豊富の代表格として有名でいろいろな
栄養素と効果をもっています。



ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、
リコピン、カリウムなどなどミネラル

多く栄養豊富です。



抗酸化作用があります。これだけで
様々な病気の予防に!



脂肪の燃焼を助ける効果をもち、
中性脂肪の値を下げてくれます。



アルコールの分解を助けてくれる
効果も確認されています。



驚くべきことに日焼けの予防もできる。
トマトを食べると日焼け予防効果が
あると確認されています。

img_9810541

身体が疲れたときに溜まる疲労物質の
溜まり方が少なく、疲労回復に効く
効果があります。



血液サラサラ効果をもち、脳卒中を
予防してくれることがわかっています。



トマトジュースでもこの効果があり
おすすめは塩を使ってないタイプ。

l_tomato


オクラ

ビタミンA、ビタミンC、カリウム、
カルシウム
を含んでいます。



さらにネバネバの成分であるペクチン、
ムチン
を含みます。



ネバネバには食物繊維が豊富で胃腸の
働きを整え、胃粘膜を保護する効果が
あり、胃がんや大腸ガン予防
にも効く。

img_8277

糖の吸収を穏やかにして糖尿病の予防にも
効果をもつことがわかっています。


ピーマン

緑黄色野菜の代表格のピーマンには豊富な
ビタミンC、ビタミンA、が含まれる。



実はピーマンの種と周りの白いワタの
部分こそ栄養がある
ことは知って
いましたか?



血行を良くして冷え性の改善にも
効くとのこと!

o040003001356683490690


ゴーヤ

苦いけどうまい!そんなゴーヤは
栄養たっぷり。



ビタミンC、食物繊維、鉄分、カルシウム
豊富に含まれています。



苦味の成分には血糖値を下げる効果や
コレステロールを下げる効果
もあります。

d61cfae28418679b680db39070c77f25_l


ニラ

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、鉄、
カルシウム
を多く含んでいます。



ニラの匂いの成分は消化を助けたり、
食欲増進、殺菌、解熱などの効果

あり、夏バテや風邪に効いてくれます。

38


かぼちゃ

冬至に食べるので冬の野菜と思っている
かもしれませんが、夏野菜なんです。



とにかく多いのがビタミンA!そのほかにビタミンE、
ポリフェノールを含み抗酸化作用
を持っています。



タネやその周りのワタにも栄養はたっぷりです。
できるだけ食べるといいですよ!

image



そのほかにも夏野菜にはトウモロコシや
ズッキーニ、みょうが、モロヘイヤ、
ししとう、枝豆も夏野菜です。