七草粥って聞いたことありますよね?しかし、詳しくは知らない方も多いのでは?

食べる日・由来・七草の種類・七草粥とは一体なんなのでしょうか? 

スポンサードリンク

七草粥を食べる日は


1月7日に食べます。しかもです! 



一年間を元気に病気をせずに暮せますようにという意味が込められています。



七草粥の由来・種類は?


七草粥の由来は



唐の時代には、人日の日(1月7日)に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災(病気がないように)を願うようになりました。

羹はあつもの、汁という意味です。また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。

この風習が日本へ伝来し、年のはじめに若菜を摘んで頂戴し自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」という日本古来の風習と結びついて「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになります。



これが完全に定着してきたのは江戸時代からと言われています。



そのほかの意味には



正月のごちそうやお酒に疲れた胃腸に優しいものを食べるため。 


お野菜の不足する時期に栄養を補給するため。 



とも言われているんです。



スポンサードリンク


七草粥の種類は

基本的には春の七草を入れます。



せり


なずな(ペンペン草ともいう)


ごぎょう


はこべら


ほとけのざ


すずな(かぶのこと)


すずしろ(ダイコンのこと)



nana_pho01



しかしながら、この7草にこだわる必要がないのはご存知でしょうか?



基本的には若菜であればいいんです。 



緑色の若い葉をもつお野菜、小松菜、ホウレンソウなどなんでもいいんです。



美味しい粥に仕上げて栄養補給しちゃいましょう。


七草粥のレシピ

f0032481_2051136



いちばんシンプルな七草粥

【材料】
米:1合
春の七草セット(他の葉モノでもOK)
塩:適宜

【作り方】
1. 米を研ぎ、1リットルの水とともに鍋に入れ、30分ほどつけておく。
2. ふたをして強火にかけ、沸騰したら弱火にしてふたをずらし、40分~60分ほど炊く。焦げ付かないよう火加減に注意。
3. 米がやわらかくなったら、細かく刻んだ七草を入れる。
⇒刻むときには「七草ばやし」♪
4. 七草に火が通ったら、塩で味をととのえ、しばらく蒸らして出来上がり。



ダシを加えてさらに美味しく!

【材料】
ご飯…1合分、水…ご飯の5〜6倍

即席和風ダシ…小さじ2分の1、塩…適量、

春の七草  ※お好みで干エビや干貝柱を入れるとおいしい

1.炊いたご飯に水を入れ、ひと晩寝かせておく

2.七草を食べやすい大きさに切る

3.ご飯を火にかけ、とろみがついたところで味付け。七草・生薬(温暖食)を入れて、ひと煮立ちさせれば出来上がり



その他絶品七草粥のレシピ7品



お正月で疲れた胃腸と体調を七草粥で整えてみませんか? 




正月ボケは大丈夫?正月ボケの解消方法はこちら! 



破魔矢の意味・正しい置き方知っていますか?記事はこちら! 



お賽銭っていくらお供えすればいいか知っていますか?記事はこちら!