耳掃除って気持ちいいから、ついつい
やってしまいますよね。でも、耳掃除
って実は必要ないと言われてるの知って
ますか?

また、知らず知らずのうちに危険な
やり方をしているかもしれません。

耳掃除のコツや正しいコツについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

耳掃除は不要?必要?

耳掃除は不要!必要!これはいまだに
賛否両論あるため、どちらが良いのか
決められていない
です。


不要だ!必要だ!と言うのはそれぞれ
意見があります。まずは耳垢のことを
知ってください。


耳垢がどこからやってきているのか
というと


  • 外から侵入してくるホコリ
  • 耳の穴の表面から剥がれる細胞
  • 耳の中で分泌されている分泌物(汗が出てくる腺と同じ)

こういったものが固まって、耳垢に
なっており、少しずつ大きな塊に
なっていきます。


そして耳掃除で取れる耳垢には役割が
あるのは知っていますか?


  • 細菌やカビなどをやっつける成分(タンパク質分解酵素)を含んでいる。
  • 耳垢は酸性なので細菌やカビが繁殖しにくい
  • 耳の穴の中の乾燥を防ぐ

これらの役割をもっており、耳垢は
汚いだけの邪魔者ではないのです。


耳掃除は不要

耳掃除はしなくて良いとしている医師
や学者は耳垢には役割をもっている
のでしなくて良い!


そして喋ったり、食べ物を噛んで
動かしているうちに耳垢は外に出て
いっているからというのが理由です。


耳掃除は必要

耳垢が溜まりすぎることによって
起こる耳垢塞栓
(じこうそくせん)と
いうものがあります。


耳の中に耳垢が詰まってしまい、耳が
聞こえにくくなったり、神経を刺激
して吐き気などの症状が出ることも
あります。


耳掃除をあまりにもしない場合になる
と言われているため、耳掃除が必要と
いう考えです。


(耳掃除によって耳垢を奥に押し込む
ことが原因の耳垢塞栓も多い)


この両方の意見を取り入れるとしたら、
耳掃除はある程度の頻度でするくらい
で十分
という考えでいれば間違いは
ないでしょう。


ここから耳掃除の正しいやり方を紹
介していきます。

スポンサードリンク


耳掃除の危険なやり方

普段している耳掃除のやり方はほとんど
が危険ということは知っておいた方が
いいです。


適当にしているけど今まで大丈夫
だったというのは、たまたま何も
なかったと考えたほうがいいでしょう。


耳掃除によって外耳道(耳の穴から
鼓膜までの間)が傷つくことは色々な
問題を引き起こします。


どんな問題が起こるかというと


・外耳炎が起こる

傷つくことによって、炎症してしまい
痒みや痛みが出てきます。


膿が出てきたり、寝れないくらいの
痛みが出ることも。


・中耳炎になる

外耳炎から炎症が波及してしまい、
中耳炎へと進行することもあり
ます。


・神経障害

耳の穴の近くには神経が通っています。
炎症が波及してしまい、顔面麻痺など
の神経症状が出てしまったという人も
います。


・細菌やカビの繁殖

耳掃除をすると耳の中は傷ついたり、
バリア機能が低下します。


そのため、そこに細菌やカビが繁殖
出来る環境となってしまいます。


こんなことが起こらないようにする
ためにも、危険なやり方はやめなければ
ダメです。

WS000869

これはしちゃダメという危険なやり方は


・硬い耳かきは使わない

木製であったり、金属製など硬いもの
は全てやめます。


耳の中は柔らかいので、すぐに傷つき
ます。


ラセン状のがいっぱい取れるからと
いうのも…硬いからやめます。


・風呂上がりはしない

お風呂上がりには必ずするというのは、
かなり危険なんです。


お風呂上がりは水分や湿気によって、
耳の穴の表面がさらに柔らかくなって
います。


このため、いつも以上に傷つきやすい
状態
なので危険です。


・奥まで入れない

奥まで綿棒を入れて掻き出しているの
はやめます。


傷つけてしまうのも危険なんですが、
綿棒を奥まで入れると確実に耳垢を
奥に押し込んでいます。


細い綿棒使ってるから大丈夫という
わけではありません。


耳垢塞栓になるほどでなくても、
やはり押し込んでいます。


・耳掃除しすぎない

耳掃除はすればするほどに耳の中の
バリア機能が低下
することが分かって
います。


とにかく毎日しないと気が済まない
なんてのは、やめるべき習慣です。

WS000870


耳掃除の正しい頻度とコツは

耳掃除の危険なやり方をしていません
でしたか?それでは正しいやり方を
紹介します。


・耳掃除の頻度は2週間~1ヶ月に1回

頻度としてはこれくらいで十分です。
あまり耳掃除をしない場合には見た目
が汚いかもしれないですが、これくらい
なら大丈夫。


これ以上すると耳の中を傷つけて
しまい、バリア機能が低下します。


・柔らかい綿棒

とにかく柔らかい綿棒を選びましょう。
子供用などのものがいいですね。


木製や金属製は使わないほうがいい
です。


・綿棒は1センチだけ入れる

耳掃除をするときには耳垢が溜まる
穴から1センチの場所をします。


これ以上奥を掃除する必要はありません。
耳垢は勝手に外へと移動してくるから
です。


綿棒の先から1センチくらいの所を
指で持って入れます。


・耳掃除は10秒以内

耳掃除をするときは時間はかけません。
耳の穴から1センチの場所を綿棒で
くるりと掃除します。


本当に10秒以内の短い時間で十分
です。全部取ってやる!なんて考え
ないように。


・耳掃除機を使う

耳の穴を傷つけないために耳用の
掃除機を使うのもひとつの手です。


・耳鼻科へ行く

自分で出来ないときや出来ているのか
心配なときは耳鼻科で耳掃除だけして
もらいに行きましょう。


耳鼻科で耳掃除するといくらくらいか
はこちらの記事へ↓↓
耳鼻科で耳掃除は痛くないの??


どうでしたか?耳掃除はやり方に
よってはかなり危険です。

正しいやり方とコツを実践してみて
ください。