狂犬病の予防接種・ワクチンはきちんとしていますか?犬を飼う人には義務付けられています。その予防接種はいつなんでしょうか?時期と料金は?


しかし、毎年毎年なぜ狂犬病の予防接種は打たなければダメなのでしょうか?
狂犬病に一度かかってしまうとどうなるのでしょう?狂犬病とは!?

スポンサードリンク

狂犬病の予防接種・ワクチンの時期と料金は?

犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けなければならないと定められています。


狂犬病予防注射についても、室内犬を含む生後91日以上の犬を所有する者は、毎年1回、4月から6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けなければならないと定められています。

犬を飼う人にはこうやって義務付けられているんです。狂犬病が日本では発生していないからいいじゃんなんて言わないで飼う以上はルールは守ってもらいたいものです。



犬を飼い始めた方はまずは市町村に登録に行ったころに最初の狂犬病の予防接種を受けることが多いようです。



飼い始めのころはいろいろなワクチンを打つと思うので、一度動物病院や市町村で聞いてみてください。



00001055



それが終わったら毎年4月から6月に狂犬病のワクチンを接種する集会所みたいなものが出来ます。そこで予防接種することが多いようです。



いちど市町村に登録に行っていた場合、毎年春になると集会所が開かれることがハガキでお知らせされます。もしくは、それに行けない場合は動物病院で都合の良い時に打ちに行くようになります。



狂犬病の予防接種・ワクチンの料金は各自治体で多少異なるようですね。だいたいが狂犬病ワクチンの注射済票交付の登録料と合わせて3000円と少しくらいのところが多いようです。



もし、動物病院で予防接種をした場合は病院側が自由に料金を設定できます。自治体と同じ料金にしているところもあれば、安く設定している、高く設定している、



簡単な健康診断込みで予防接種している動物病院までさまざまなようです。いろんな口コミありました。5000円、3500円、1000円、1万5000円などなど・・・



もし安くしようと思うなら動物病院に電話して聞いて回るか、自治体の集団接種をオススメします。


スポンサードリンク



狂犬病とはいったいなんなのか?

なぜこんなに狂犬病ワクチンの予防接種だけは義務付けられているのでしょうか?いくつか理由があります。



まずは、人にも感染する病気であること!が1つ目の理由です。人間が感染して発症してしまうと死亡率100%の恐怖の感染症なんです。(発症する前にワクチンを打てば助かることもある)



2つ目の理由としては犬だけではなく、哺乳類ならなんでも感染することがある病気だからです。犬、猫、馬、アライグマ、牛、コウモリ、哺乳類ならなんでもです。



いちど狂犬病が発生したならどこに広がっていくのかわからない上に人に感染すると致死率の高い病気だから厳しく義務付けられているようですね。



ちなみに日本では1930年代に犬・猫で出てからは発生していないようです。

pic+330_convert_20120402125817

狂犬病の症状としてはウィルスが侵入した傷口から脳の神経に移動し、爆発的に増えることによる神経症状があらわれます。犬の場合、狂暴化する、くるくる回る、



まっすぐ歩けない、遠吠えを繰り返すなど意味のない行動を起こし続け、いずれ100%死亡します。、狂犬病に感染すると2週間から2カ月程度で発病します。



ヒトの場合の潜伏期間は通常は2週間から80日程度と言われています。ウィルスが身体に入り込んだ量によって変わるようです。

症状は、発熱、頭痛、全身倦怠、嘔吐などの不定症状で始まり、かまれた部位の異常感覚があります。ついで、筋肉の緊張、幻覚、けいれん、嚥下困難などが起きます。液体を飲むとのどがけいれんを起こし、非常に苦しいため水を怖れるようになります。潜伏期間を過ぎて発症すると100%死に至ります。


狂犬病の症状や潜伏期間などは詳しくはこちら↓↓
狂犬病の詳細情報!!



いくら日本では現在撲滅している病気だとしても、東南アジアなどではまだまだヒトが感染して年に何万人も死亡しています。義務ですので狂犬病の予防接種に行くようにしましょう。


そのほか読まれている記事

必ず笑えるおもしろ動物画像集!!


こんなところで力尽きたちっちゃいワンちゃん!かわいすぎます。


長澤まさみは隠れ○○??