飾っているけど知らない!?クリスマスツリーの
起源・由来は!?

クリスマスツリーの木の種類・名前は
世界で同じ名の???

調べてまとめてみました。

スポンサードリンク



クリスマスツリーの起源、由来は?

一体なぜクリスマスツリーを飾るのか知って
いますか?毎年クリスマスには飾るという
家庭も多いでしょう。


意外と知らないクリスマスツリーの起源と
由来とは?



クリスマスツリーの最も古い起源はなんと
キリストとは関係なかったとされています。



*クリスマスは知ってると思いますが
キリストが生まれた日です。

WS001093

クリスマスツリーの起源は北ヨーロッパに
始まります。ここに住んでいた原住民が
冬至のお祭りに使っていたカシの木が後の
クリスマスツリー
となっていきました。



当時、この原住民たちをキリスト教を信じる
ようにしようという動きがありました。



しかし原住民たちは樹木を信仰する風習が
あったため、受け入れませんでした。

WS001094

ドイツの原住民たちはカシの木のことを
真冬の寒い時期でも緑色の強い木であり
永遠に枯れない命の象徴として信仰して
いたんですね。



そこで、キリスト教の人たちはカシの木を
似ているモミの木にすり変えていきました。



モミの木は横から見ると三角形をしています
この形は頂点が神様であるキリスト、下側の
角である2つの頂点は人間と精霊
なんだよと
原住民に教えました。

WS001095

モミの木=三角形=神様と自分たちの世界
と原住民は教え込まれて、いつの間にか
キリスト教を信じるようになりました



そしてキリスト教=モミの木という風習が
広まり
、キリストの誕生日にはクリスマス
ツリーを飾ることが世界各地に広がって
いったのが由来なんです。



クリスマスツリーの起源はドイツに始まり
世界各地に広がっていきました。

WS001096

結局のところ、クリスマスツリーは
キリスト教を広げるためにしたことが、
ドイツの原住民の樹木信仰と結びつき
そのまま風習として残った
んですね。



※その他にもクリスマスツリーの起源に
ついては説があります。ドイツでは
モミの木には妖精が住んでいると
信じられていました。



この妖精たちにいつまでもモミの木
に住んでいてもらうために、飾りつけを
してお祭りをしていたんです。



これがクリスマスツリーの起源となった
という説もあります。


スポンサードリンク


どんなものにも由来や意味があるんですね。
日本のお正月に食べるこの意味・由来はしてました?

おせち料理はなぜ食べるのか>> 


クリスマスツリーの木の種類、名前は?

クリスマスツリーの木の種類・名前は
いくつかあります。日本で一番有名なのは
モミの木ですね。

WS001089 
モミの木の写真!



それ以外に使われるものとしてトドマツ、
エゾマツ
なんかもクリスマスツリー
として使われるようですね。

WS001090
エゾマツの画像!



このモミの木に似た木の種類であれば
海外ではいろいろ使われています。


北米ではバルサムモミ、フラセリーモミ、グランディスモミ、ヨーロッパアカマツ、カナダトウヒ、コロラドトウヒ、アメリカトガサワラなどなど

WS001091
バルサムモミの画像!



もともとはクリスマスツリーの起源・由来に
書いたようにドイツ民族が信仰していた
もので、冬の間も緑色の葉が落ちない木で
あればなんでも使っていました。



画像を見てもらってわかるようにどの木も
よく似ています。冬の間も葉っぱが落ちない
常緑樹であればなんでもいいんですね。



クリスマスも終わって年末あたりになると
聞く言葉!年の瀬って言葉の意味は知って
いますか?
年の瀬の意味は?いつから使う?