高反発マットレスを買おうと決心!
商品多すぎて訳わからん。

そこで高反発マットレスの選び方に
ついてまとめてみました。

ついでに、自分の場合は畳の部屋に
置く予定だったので一番良いものを
選んだ結果も書いてみました。

スポンサードリンク

高反発マットレスの選び方

高反発マットレスの商品はかなりの
数ありますよね。とりあえずどの
高反発マットレスであっても、
コンセプトは基本的には体圧分散です。


選び方のポイントで考えるのは
・マットレスの硬さ
・マットレス耐久性
・扱い方
・寝心地


このくらいでしょうか。あとは予算と
相談ですけど長く使えるなら値段少し
くらい高くてもいいかも。

スポンサードリンク


高反発マットレスは体圧分散!

身体を横にした時に一番負担がかかる
のが腰なんです。
(お尻が一番出っ張ってるからね。)


何もない硬い場所に横になったら体重
の60パーセントくらい腰で支えちゃう
らしいです。(パーセント違ってたら
スミマセン)


そこで身体を横にしたときに体全体で
体重を支えようってのが体圧分散です。


この体圧分散を売りにしてない高反発
マットレスはありません。
作り方や材質
は違うけど売りは同じというもの。


どの高反発マットレスを調べてみても、
体圧分散!腰に優しい!的なことが
書いてあるから、どれでもいいのかな
という印象でした。


高反発マットレスの硬さはどれくらいが良いのか?

次に選ぶポイントはやはり硬さです。
硬いほうが好き、柔らかめが好きと
いうことだけで決めるのはダメ
です。


自分の体重に合った硬さじゃなかったら
逆に腰を痛めちゃいます。一番良い
硬さは寝返りを打ちやすいものを
選ぶのが大事。


普通の人で寝ている間に20回程度は
寝返りしているんです。これは身体の
向きを変えることで身体の一部への
負担を和らげるためです。


(ずっと同じ向きで寝ると血液の
流れが悪くなる)


つまり、寝返りがしにくいマットレス
で寝ると寝返りの回数が減ってしまい、
腰や背中への負担が和らげられなく
なります。


この寝返りのしやすさのチエック方法は
実際に寝てみること。


・靴は脱ぎます
・リラックスして横になります
・仰向けで膝を立てます
・腕は身体の前で十字に組みます
・そのまま身体を右に倒して寝返りします
・今度は逆に寝返りします
・膝は立てて、腕は組んだままです


この方法で左右に寝返りしたときに
肩と腰が同時に動く硬さが最適なんです。


肩が先に横を向いて、後に腰が横を向く
肩が後に横を向いて、先に腰が横を向く


この場合はマットレスが硬すぎ、
柔らかすぎなので選び直しです。

WS001093


高反発マットレスの耐久性

そのほかに選ぶポイントのひとつは
耐久性です。すぐにへたってしまった
という口コミがあるものも多いため
注意が必要です。


浅田真央ちゃんが使ってるマットレス
のエアウィーブとか耐久性は??という
口コミが多かった・・・。


1年でへたってしまったというのを
見たらどうなのかと。


やすいものではないので、長く使える
ことに越したことはありません。


中には保証がついている自信満々な
マットレスもある
から、それで長く
使えるのか怪しいと思うならそれで
選んでもいいかもしれません。

WS001025


高反発マットレスの扱い方

高反発マットレスの扱い方もまた
選び方には必要かなと思います。


自分のように畳の部屋なら毎日上げ
下げするなら重さやたためなければ
ダメです。


また、寒い家に住んでるので電気毛布
で温めたかったから使えないものは
注意が必要です。電気毛布ダメな
商品は布団乾燥機もダメです。


エアウィーブとかエアなんとかって
商品は温めるの禁止が多い
ですね。


あとは干し方が天日干しはダメって
いう商品が多いですね。部屋の中で
時々立てておくだけで良いらしいです。


高反発マットレスは基本、通気性が
いいそうだ。

WS000256


高反発マットレスの寝心地

こればっかりは実際に試してみない
と分からないので、実際にいくつか
店舗を回ってみました。


ただし、硬さに関しては上に書いて
ある通りの選び方をしました。


気になったけど実際に試せなかった
のは雲のやすらぎですね。
通販しか
してないから試せないのは痛い。


口コミの評価は高そうでしたけど。


買ってみて寝心地や硬さが合わない
なんてのはダメすぎです。すべての
人に合うマットレスってないと
思うんだけど、お試し出来ないの
大丈夫なのか雲のやすらぎ・・・


それでもかなり気になる商品↓↓
雲のやすらぎ

ここからは結局、ブログ主が何を選んだ
のかということを書いてます。


考えた順番

・最初に考えたのは畳の部屋なので
折りたためるタイプのもの、軽いもの。


敷きっぱなしはどのマットレスでも
やはりカビの心配ありますよ。


折りたためる→→三つ折りタイプ
軽い→→エア︎︎系のタイプ(まじ軽い、
けどたためないのでベッド用か広げて
ても大丈夫な部屋の広さがあるときかな)


・耐久性

これは実際にお店に行ってみて聞いて
みました。気になった商品しか聞いて
ない、覚えてないけど・・・。


ムアツ布団、マニフレックスは耐久性
は十分。10年は使えますとのこと。


そのほかも厚めのタイプのマットレス
は耐久性については十分って言いそう
です。


マニフレックスについては10年間
とか保証あるみたいです。
自分はこの
ポイント重要でしたので、保証が長い
マニフレックスに惹かれまくり。


薄めのマットレスはへたりが出たと
いう口コミ多数だったので却下。


・扱い方

個人的に布団乾燥機とか電気毛布使い
たかったので使えるタイプ。


エア︎︎系は基本的に使えません。


干したりするのはどの高反発
マットレスも同じですね。ときどき
立てて置くようにするくらい。


・寝心地

高反発マットレスの寝心地はかなり
大事です。個人的にはマットレスが
厚ければ厚いほど寝心地は良いです。


厚めのタイプのマットレスが良い。
ただし厚めになると多少重いけど。
実際にお店で持ったりしました。


エア︎︎系の薄いマットレスは底付き感が
あってダメ。(エア︎︎系のマットレスの
使い方は今まで使ってた布団やベッド
の上にそのまま敷いて使うのが正しそう
です。)


この辺ですでに、ムアツ布団とマニ
フレックスの二択に
なりました。


似たような商品たくさんあるんです
けど、実際に転んで試して良さそう

だったのがこの2つ。

値段もあんまり変わらないしね。
結局はマニフレックスのDDウイング
にしました。
3つ折りタイプのマニ
フレックスはいくつかありましたが、
寝心地で選びました。一番高いやつです。


とにかく高反発マットレスの中でも
保証がすごいかも。高くても長く
使えるなら、最終的に安いと思い
ます↓↓
トップアスリートも認める「マニフレックス」


田舎の方ならイオンとかに置いてます
よ!ムアツ布団もあるとこはある。


使い心地は最高です。嫁もグッスリ
みたいです。今は畳の部屋に置いて
使ってます。


毎日押入れに入れたりせずに部屋の
端に折りたたんで置いてます。