5月5日はこどもの日ですね。小さい頃に
五月人形が飾られて、柏餅を食べていたのを
思い出します。

しかし、意味は知らず・・・
柏餅やちまきを食べるのはなぜなのでしょう?
それと五月人形、兜を飾る理由は?

そもそも、こどもの日の由来とは?まとめました。

スポンサードリンク

こどもの日・端午の節句の由来とは?

もともとはむか~しむかしの中国の行事でした。
端午(たんご)という言葉には、月の始めの
午(うま)の日という意味がありました。



むかしには端午という日は毎月の始めを
指していた言葉だったんです。



その後に、午(うま)の干支が5月に当たる
ことから5月に定着していったそうです。



それに加えて、午(ご)とも読むので数字の
五に当たるので、五月五日になりました。

端午の節句

中国ではこの日にお祓いをして邪気を払ったり、
していたようです。それが日本にも渡って
行事として残りました。この時期に生える
菖蒲(しょうぶ)を使って邪気を払ったそうです。



その後、鎌倉や江戸時代には菖蒲=勝負、尚武という
言葉に通ずることから男の子の行事になったそう。


※尚武=武というものを敬うというような意味



そして五月五日という日は昭和23年に

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

という国民の祝日となりました。これが
こどもの日、端午の節句の由来なんです。


スポンサードリンク



こどもの日、端午の節句になぜ柏餅、ちまきを食べる?

柏餅を食べる理由は、『柏(かしわ)』という植物は、
新しく芽が出て大きく育つまで、古い葉っぱが残り
続けるんです。



つまりこどもが大きく育つまで、父母は
亡くなることはないという意味を持っています。



こどもが無事に育つって意味があるんですね。
ちなみに柏餅を食べるようになったのは、
1660年くらいからで中国由来ではないんです。


kashiwa2-1

柏の木



ちまきを食べる理由は、無病息災という意味が
あるそうです。災いを避ける意味があり、
これは中国の故事からきているそうです。

20763648_v1268899934

詳細は↓↓
ちまきを食べるようになったのは?


関連記事

鯉のぼりってなぜ上げるの??

春キャベツとふつうのキャベツの違いは??

恐怖!?あなたの○○にダニが繁殖!?

キーンってなる耳鳴りってなんなの??