子どもは虫歯になりやすく、親の責任
が大きくコントロールしてあげないと
いけません。

子どもが虫歯になる原因と予防法
ついてまとめてみました。

スポンサードリンク

子どもの虫歯の原因

子どもは比較的硬いエナメル質が
うすく虫歯の進行も早いため、気を
つけることは多くあります。


子どもの虫歯に親の責任は大きいため
原因をしっかり理解しておきましょう。



1.間食

子どもにとっておやつは楽しみの
ひとつですが、大きな虫歯の原因の
ひとつです。


朝食や夕食などでは食後に歯磨きを
しますが、間食のあとに歯磨きをする
ことが無い
のが理由です。


間食にチョコレートなどの甘いもの
だと虫歯菌が喜びます。中でも飴は
長い時間口の中に糖分を留まらせる
ため、食べさせたくないものの
ひとつです。



食べ物を食べる回数が多いほど虫歯に
なる可能性が高く
なるのです。


スポンサードリンク

2.歯磨きが下手

どんな歯磨き名人であっても歯垢を
すべて取り除くことは出来ずに、歯石
は溜まります。


とくに子ども歯磨き大好きということ
はないと思うので、適当に済ませて
しまうことも多く、上手くない
ので
虫歯の原因となりやすいのです。

WS000956



3.飲み物

ジュースは糖分がかなり多く虫歯の
原因となります。牛乳もまた食事の
間に飲むことは虫歯との関係から
言えばダメなんです。


飲み物はお茶かお水であれば、虫歯
が進行することはありません。


子どもの虫歯の原因となるものの一番
がやはり食生活です。何かを食べる
ごとに虫歯は進行していくので、間食
の回数は大事です。

WS000959

歯磨きの仕方などのケアについては
なるべく一瞬にして、教えてあげる
ようにしましょう。


虫歯が出来る流れを1度は目を通して
おくといいでしょう↓↓
虫歯ってどうやってできていくの??


子どもの虫歯の予防法

1.間食を減らす

何かを食べれば食べるほど虫歯になり
やすくなるので、間食する回数は
減らすのは効果的
です。


ダラダラと食べ続けたりすることは
かなり虫歯を進行させるものになって
しまいます。


もし、食べさせるのが習慣であれば、
甘いものばかりは控えて、食べ終わる
と口をゆすぐことはしてもいいと思い
ます。

WS000958

もしくは食後のデザートを食べるよう
にして、間食は減らすといいですよ。



2.食後

食後には歯磨きをしますが、すぐに
してしまうと口の中が酸性に傾いて
いるため、歯を傷つけてしまう
ことが
あります。


そのため、なるべく早く酸性を中和
してあげるのが虫歯の進行を防いで、
歯が修復されやすくなります。


食後はキシリトールガムを噛んで唾液
を出すという習慣
をつけるのは予防に
いいことだと思います。

WS000955

(唾液はアルカリ性で酸を中和する、
キシリトールは菌が分解出来ないので
酸が出ない)


もし無理なら口をぶくぶくとゆすぐ
だけでもかなり変わってきます。


そして食後30分してから、なるべく
早く食べカスを歯磨きで取り除いて
あげましょう。



3.歯間を掃除する

歯と歯の間は普通の歯磨きでは掃除
できません。虫歯になりやすい場所
なので歯間ブラシやフロスを使う習慣
をつけてあげましょう。


もし自分もしていないならして行く
ように。こういうの↓↓
糸ようじ(60本入)

WS000957



4.フッ素を使う

歯を磨いたあとにフッ素を塗ることで
歯が強くなり、菌が作り出す酸から
守ってくれます。


歯医者でもしてもらえますし、市販の
フッ素もあります↓↓
レノビーゴ フッ素配合スプレー 

WS000952



5.シーラント

虫歯になりやすい場所のひとつに奥歯
の噛む面があります。ここはデコボコ
しており、汚れが残りやすい場所

だからです。


このデコボコの溝を埋めてしまうのが
シーラントと呼ばれるものです。


してもらえる歯医者でお願いしてみま
しょう。子どもの虫歯予防に大きな
効果を発揮してくれます。

WS000948

子どもの虫歯は親の責任が大きいです。
虫歯を予防してあげるためにも、習慣
づけてあげるといいですね。