夏場にどこからか発生してくる
コバエってうっとうしいですよね。

あまり気持ちよいものではないので、
どうにかしたいものです。

今回はこのコバエが発生する原因
と対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

コバエが発生する原因

気温が上がってくると、どこから
ともなくやってきてまとわりつく
コバエ。



一匹見つけたと思ったら、次々に発生
してしまいます。



一体、このコバエはどこからやってくる
のか疑問に思う人も多いと思います。



ずばり、それは「外」です。ゴキブリの
ように家のどこかに住み着いている、
というよりは、外からやってきた一匹、
二匹がその繁殖力の強さから家の中で
大量に発生
してしまうのです。



スポンサードリンク

コバエに悩まされている人は薄々
気づいているかもしれませんが、
台所に集まってきます。



そうです、家の中で増えるコバエの
ほとんどが「食品」から発生
して
いるのです。



食品と言っても、冷蔵庫に入れて
いるものなどは問題ないのですが、
生ごみなどはコバエの大好物です。



ニオイの強いものに集まる習性がある
ので、アルコール(缶ビール)の
空き缶もコバエは大好きです。



冷蔵庫に入れずに保管してある根菜類
も傷んだらコバエの温床になります。



醤油などの調味料を卓上に置いて
いても、その匂いにつられて集まって
きます。



洗いものをせずに放置しておくのも
匂いによってはコバエが集まる原因
になります。

ws000113

とにかく、食品に関しては気をつけて
管理しましょう。



原因を見逃して大量発生させてしまう
と、しっかり駆除しないと卵を産み
付けてどんどん繁殖してしまいます。



一匹見つけたら退治するのと同時に、
発生源についても特定して消して
しまうことが大事です。


コバエの卵

コバエの卵はその体の大きさと比較
すると意外に大きいものです。



黒ゴマや白ゴマのようと表現される
こともありますが、実際には白ゴマ
よりは少し小さい点々
が分かるはず
です。



少し家を留守にしているとコバエが
大量発生していたという場合、生ごみ
用のごみ箱の底や、排水口の付近、
野菜を常温で保管している籠の網目
にぽろぽろと小さいものが落ちて
いることがあります。



これが卵です。ゴキブリのフンと
見間違える人もいるようですが、
ゴキブリのフンがいびつな形を
して黒いのに対して、コバエの卵
は形が揃っているので分かり
やすいはずです。

ws000276

参照:http://zyohoo.com/2346.html


卵をどこに産むのか

なかなかの繁殖力ですから、卵もどこ
にでも産み付けます。



しかし、発生源の近くに産むことは
明らかです。



三角コーナー周辺にコバエが集まって
いるのなら、三角コーナーの生ごみ
の中。



シンクの排水溝の中にも卵は産みつけ
られています。



ごみ箱の中に見つけたらごみの中。



捨てる空き缶を入れているごみ袋の
中で発生していたらゴミ袋の中に卵
を産み付けていると考えて良い
でしょう。



ペットを飼っている人は、ペット
のフンの処理もしっかり行い
ましょう。フンもコバエが集まり
やすいことが分かっています。

ws000208


コバエ対策

一時期テレビなどで話題になったのが
「めんつゆトラップ」です。



面白いほど捕獲できるということで、
早速試してみた人も多いのではない
でしょうか。



作り方はとても簡単で、ペットボトル
を切ったものやプリンなどの捨てて
も良い空き容器にめんつゆと食器用
洗剤を入れてかき混ぜます。



これを一晩キッチン周りに放置して
おくだけです。



私たちには何とも複雑なニオイが
しますが、コバエにとっては大好き
なニオイとなってコバエを誘引する
そうです。



ただ、この方法でいくら駆除したと
しても、コバエが集まってくる環境
を放置しているといたちごっこです。

WS001258

排水口に発生するコバエもいますから、
まずは排水口の徹底洗浄。



そして、三角コーナーの生ごみは調理
が終わったらすぐに処分してください。



このとき、密閉できるようにシールつき
のビニール袋に生ごみを入れてからゴミ
箱に捨てるようにしましょう。



もしコバエが三角コーナーの生ごみに
卵を産み付けていたら、ごみ箱の中で
発生する可能性があるからです。



そして、ごみ箱もごみを捨てる時には
中をチェックしましょう。



生ごみなどの水分が残っているとそれも
コバエの大好物になります。

WS000636

空き缶やペットボトルもきちんと洗って
から捨てるようにします。



水分もコバエが集まる条件になるので、
洗った空き容器はしっかり乾かして
からゴミ箱に入れる習慣をつけてくだ
さい。



それでも、どうしても発生を断つこと
ができないという場合には専用の
燻煙剤を使って駆除するという対策
もあります。



キッチンで使うのに抵抗がある人
も多いかと思いますが、なかなか
減らないという時にはかなり効果
がありますので試してほしい方法
です。

WS000411

夏場の生ごみは意外と気をつけている
ようですが、盲点は卓上の調味料や
ペットです。



卓上の調味料というとお醤油やお塩
などですが、お醤油の香りはコバエ
の大好きな香りです。



卓上容器は密閉されていないので
コバエが侵入してしまうこともあり
ます。



夏場は冷蔵庫に保管するなどの工夫
が必要です。

WS000797 そしてペットですが、さすがにフン
をそのまま放置するという人はいない
はずですが、盲点はフンそのものでは
なく、その匂いです。



例えばワンちゃんで、いつものシート
以外のところに粗相をしてしまった
場合や、きちんと拭き取って掃除を
したつもりでも飛び散ってることも。



カーテンにかかっていたり、また
フローリングの隙間に入り込んで
いることもあります。



コバエは人間が気づかないところに
残った汚れにも敏感に反応して集ま
ってきます。



ペットを飼っている方はフンの処理
やえさの食べ残しなどにはしっかり
とした対策が必要になります。