結婚式に呼ばれたときに気になるのは
祝儀袋についてです。恥ずかしくない
常識は知っていますか?

どんな祝儀袋を使うのか。お金の入れ方
中袋の使い方、表書きの書き方など
調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

どんな祝儀袋を使えばいいの?

祝儀袋につけているヒモのようなものを
水引と言いますが、結び方が結び切りの
形のものでないもダメなんです。

WS000588
結び切りの祝儀袋



結び切りには一度きりという意味が
込められているんです。



*蝶結びのものはほどけるので何度も
来て欲しいお祝いのときに使います。



水引には10本のタイプと5本のタイプが
ありますが、結婚式の場合は10本のもの
を選びます。

WS000589

5本は一般的なお祝いのとき使います。

もう一つ水引の色は金と銀色もしくは
紅白のものでないとダメです。
のしがついていないものもダメです。



祝儀の金額に応じて祝儀袋を変えるのは
知っていましたか?祝儀袋が豪華で中身が
伴ってないのはダメなんです。



10万円の祝儀袋

水引で鶴と亀を表した格式の高いものを使用します。

WS000590




5万円以上の祝儀袋

格式の高い祝儀袋を使いましょう。

WS000591




3万円の祝儀袋

仲の良い友人、知人ならカジュアルなもの
でもいけます。

WS000592



仕事の上司、会社関係、親類の場合は
水引が結び切りのオーソドックスな
形のものを選びます。

WS000593




出席できないときなど1万円の祝儀袋は
水引10本の基本的な祝儀袋を使います。

WS000594



スポンサードリンク

結婚式の祝儀袋の表書きの書き方

書くのは濃い黒色の筆もしくは筆ペン
使うのが常識です。



表書きは御結婚御祝もしくは寿を書くのが
常識です。名前はフルネームで書きます。

WS000595

夫婦連名なら夫の左側に嫁の下の名前だけ
書いても大丈夫です。

WS000596

仕事関係で連名にするなら一番目上の人を
右側に書いて目上順に左へ書いていきます。



連名にしても名前を書くのは3人までに
しましょう。それ以上の人数の場合なら
代表者のフルネームを表書きにして、
外一同と左側に書きます。



そして全員の名前を書いた紙をを中袋に
いれておきましょう。


結婚式の中袋の書き方・お金の入れ方

中袋には表側の中央に金額を書きます。
金三万円など金◯万円と書きます。

WS000597

WS000599



中袋の裏側には住所名前を書きましょう。
WS000600



お金の中袋への入れ方は福沢諭吉が表側、
上側になるように入れます。

WS000601

中袋を祝儀袋にいれたら裏側の折り方に
注意!下側の折りかえし部分が上に
なるように折ります。

WS000598

これは喜びを受け止めるって意味が
あるんです。



※お葬式の香典のときは上の折りかえしが
上側になるように折るんです。



これで祝儀袋は完成ですが、裸で持ち歩かず
にふくさに包んで結婚式の受付で出すときに
取り出します。


ふくさの包み方と渡し方はこちらから>>



ふくさがない場合はハンカチで包んでも
大丈夫ですよ。



細かいかもしれませんが、常識として知って
おいて困るものではありません。