新年になると日本独自のお正月の習慣
があります。

日本ではお正月の時に、家の前に門松
を置きますが、斜めに切られた竹が
据えられているので大きなインパクト
を与えますよね。

道を通る人は門松を見るだけで、正月
になったことを実感できます。

門松の歴史は古く古代の日本から
根付いている習慣ですが、これって
どんな意味があって飾るのか知って
いますか?

どんな由来があるのでしょうか。
また、いつからいつまで飾るのが
正しい
のか、処分する方法はどう
なのかまとめてみました。

スポンサードリンク



門松の意味は?由来は?

クリスマスの時はクリスマスツリーに
キラキラした物を飾り付けますが、
門松は正月の時の飾りではありません。


この由来は古来にまで遡り、日本では
以前から長さが違った3本の竹に松を
束ねて、梅の枝と合わせて荒縄で縛った
ものが用いられてきました。


門松が家の門に置かれた目的は、神様
が下界に降りてくるときの目印になる

からです。


この神様は、お正月様や歳徳神などと
呼ばれていて、正月になると各家庭に
やってきて幸福を配ります。


昔の日本ではこの神様の姿は白髪の
福相の老人と考えられています。


正月には神様に対する感謝を行い
神酒や鏡餅、白米、昆布、海老、
かち栗、するめなどを供えるのが一般的
だったのです。

WS000035

どうして神様がやってくる目印に松を
使うのかというと、松には意味があり、
松と待つをかけ合わせ
ています。


幸福を運んで来る神様が自分の家を
素通りしないように松をおいて待って
いるそうです。


それで、一見すると門松は竹の部分
がよく目立ちますが、あくまでも
重要なのは松の部分です。


松竹梅というように、縁起のいい竹
や梅、他の飾りを松に付けて見栄え
を良くして、今のような門松が完成
したのは鎌倉時代からです。


また、竹を飾る時には、竹の節を斜め
に切って設置するので、ちょうど竹が
笑っているように見えて、笑う門には
福きたるという意味も
あります。


門松に使われている松竹梅すべてに
おめでたい意味があるのです。


つまり、門松とはめでたいものを飾って
神様に来ていただく目印となっている

です。

スポンサードリンク

門松はいつからいつまで飾る?

では、門松はいつからいつまで飾って
おき、どのように処分すればいいので
しょうか。


いつから飾る

門松をいつから飾るのかというのは
一般的に関東なら12月8日~12月28日
までに飾ります。


関西であれば12月13日から12月28日
までに飾ることが多いです。


大掃除が済んでから神様をお迎えする
準備が出来てから飾るようにします。


29日に飾ることは二重苦につながり、
31日に飾ることは一夜飾りと言われて
忌み嫌われているので、要注意です。


ちなみに30日も一夜飾りとして扱われ
ることもあるので止めた方が良いので、
28日には門松は飾るようにしておき
ましょう!

WS000036


いつまで飾る

いつまで飾るかについては、1月7日
の松の内と呼ばれるまで
ですが、
地域によっては1月15日に処分する
場所もあります。


これは自分が住んでいる地域に
よって違うので、ご近所に尋ねて
みるのが一番いいでしょう。


もし分からないのであれば、最寄り
の神社でどんど焼きを行う日まで
飾って、持っていくのがいいです。


門松の処分方法は

また処分の仕方も独特で、門松は
神が宿るものなので、近所の神社
やお寺に持って行きどんど焼きと
いう行事が行われる時にお清めして
から焚き上げ
てくれます。


もし、どうしても都合が付かない時
には自分で処分することもできます
が、そのままゴミ袋に入れるのでは
なく、細かく砕いて、塩で清めて
から、丁寧に新聞紙で包んでから
燃えるゴミで出す
ようにしましょう。


しかし、土地によっては門松は大型
ゴミに指定されている場合もある
ので、前もって調べておく必要があ
ります。

WS000037

とは言っても、最近では門松を使い
まわす家庭も増えていて、昔ほど
宗教心がなくなってきています。


燃やしたりして環境に与える影響の
ことも考えて、デパートで買った
門松を毎年繰り返して、いつまでも
使っている人もいます。


しかし、門松はお正月の時の飾りと
いうわけではなく、神が降りてくる
目印で、お寺や神社で燃やすことは、
降りてきた神様を天に送り返すという
意味合いもあります。


自分で処分するよりは、神社で処分
する方が縁起が良いと言われています。