夏になったら悩まされる蚊のことは
知っていますか?いったい飛ぶ時期
はいつからいつまで
なんでしょう。


寿命はどれくらいなのか知っていま
すか?まとめてみました。

スポンサードリンク

蚊の出る時期はいつからいつまで?

夏の暑い時期に蚊が出るように思って
いるかもしれませんが、けっこう長い
時期に蚊は出ます。


蚊がいつから出るのかと言えば、4月
の終わり頃から
です。


蚊がいつまで出るのかと言えば、
11月くらいまで
です。


血を吸うことが出来る気温があり、
15℃よりも高くなれば、血を吸う
行動を始めます。

WS001198

蚊が活発になるのは22℃~30℃
くらいと言われており、この気温の
間に卵を産んだり、吸血をしたり
しまくります。


気温が15℃以下または35℃以上に
なると蚊は活動が落ちて、動かなく
なります。
(すぐ死ぬわけではなく、じっとして
隠れています。)


蚊が活動を始める時期は温暖化に
よってどんどん長くなってきている
そうです。


スポンサードリンク


蚊に刺されてたまらないかゆみを
抑える方法は知っていますか?
蚊に刺されたときの対処法とは!


蚊の寿命はどれくらい?

蚊の寿命は種類や時期によります。
日本で多い蚊の種類はイエカとヤブカ
の仲間でしょう。


家の中に出るイエカについてみて
いきましょう。



イエカの寿命

イエカは基本的に夜行性で家の中に
出るタイプの蚊です。


一番活動が活発な時期での寿命は


・水辺で産卵されると1日で孵化
・孵化してから1週間で脱皮を繰り返して成虫に
・成虫になってからはエサが豊富にあれば1カ月の寿命があります。(実験の中で)

普通の生活環境では成虫になってから
3週間くらいの寿命
だそうです。

WS001201

成虫になってからはエサとして植物の
蜜なんかを主食として生活します。


そしてイエカの雌は卵を産むために
血を吸います。血を吸った瞬間から
卵巣が発達して数日で産卵します。


産卵してからはまた吸血できる獲物を
探しにいきます。成虫になってから
5回前後は産卵するそうです。

WS001199

中でも秋に産まれてきたイエカは気温が
下がると冬眠して、冬を越します。
押し
入れや棚の後ろなどでジーっとして春を
待ち、気温が高くなると血を吸って卵を
産みます。


この場合のイエカの成虫の寿命は4ヶ月
を超える
ことが分かっています。


蚊の寿命は種類によって違いますが、
日本の家によく出るイエカの一生は
こんな感じです。


1回卵を産んだら死んでしまうのかと
思っていましたが、寿命は意外と長い
ようです。

WS001203

蚊は水がなければ卵産まず、水が無け
れば孵化することはありません。

しかし、空きカンの中の水など少し
だけで卵は孵化して成虫へと成長する
ことができる生き物です。


家の中で蚊を発生させてしまうことが
ないように気をつけましょう。


蚊に刺されやすい人と刺されにくい人
の違いって知ってますか?
蚊に刺されやすい人の特徴とは!!