仲秋の名月!十五夜っていったい
何の日なのか知っていますか?


この日はお月見、お団子、すすきを供えて、
おいしく団子を食べる。そんな日ですが、
なぜそんなことをするのか?意味は?

まったく知りませんでした!!
そこで気になったので十五夜について由来
を調べました。

スポンサードリンク

そもそもなぜ十五夜というの?

十五夜という日はいつなのかと言うと、
昔の暦である旧暦8月15日から
16日の夜(八月十五夜)に行われる。


そのため、月見に関する話題で単に
「十五夜(じゅうごや)」といいます。


ちなみに旧暦9月13日から14日の夜
(九月十三夜)にもお供え物をする
風習があります。


この日は「十三夜(じゅうさんや)」と
いいます。


スポンサードリンク


なぜ月にお団子を供えるの?

昔から日本にはいろんなところに
神様が宿っていると考えられてきま
した。


そのひとつが月です。月を神様として
信仰の対象としていたためで、作物の
収穫に感謝するため
だったようです。


そこで、収穫物をお月様にお供えするように
なりました。お米の収穫いっぱいです!
と感謝して、月のように真ん丸団子を
作ってお供えしたのが月見団子でした。


また、供える数は十五夜にちなんで15個
だそうです。一人でお月見したら団子で
お腹いっぱいになれますね。


地域によってはお団子ではなく、イモ名月
なんて別名もあるように収穫することが
出来たお野菜(里芋などの芋類)なんかを
お供えすることもあるようです。

original

 


なぜ月にすすきを供えるの?

ススキを飾るのはただ単に稲穂(お米)に
似ているからで、本物の稲穂を供える
こともあるようです。


これもススキをお供えするのも収穫を感謝
するために
供えたようですね。


つまりはお月見をするようになったのは
月を信仰する考えがあったため、月に
収穫を感謝することが由来になっています。

image

 


毎年十五夜は同じ日なの?

違うんですね。2014年は9月8日、
2015年は9月27日です


これは旧暦では1か月29~30日、今の暦が
30~31日くらいで、ずれてしまうためです。


旧暦では毎年8月15日が十五夜でしたが、
このズレがあるため現在の暦では毎年
日付が変わってしまうんです。


どうしたか?十五夜についてはこんな
ことがわかりました。調べてみると
おもしろいですね。


その他にも十五夜は実は満月では
ない
ということもわかりました。


十五夜と満月が重なるのは2021年ですので
ぜひ覚えておいてください(笑)


毎年十五夜はお天気悪い日が多い
ですが、今年は晴れて月を眺めて
みたいですね。


そろそろ夏も終わって寒くなってくる
時期です。衣替えについては考えて
いますか?衣替えをするタイミング
っていつにすればいいのか知って
いますか?
衣替えのタイミングっていつ??