犬がチョコレートを食べると危ない
って聞いたことありませんか?


いったいなぜなんでしょうか?どんな
症状が出てくるのでしょうか。

スポンサードリンク



犬がチョコレートを食べたらやばいのはなぜ?

犬がチョコレートを食べたことに気が
付かないでいたら、多くの飼い主さんが
犬の状態の変化に動揺してしまうでしょう。


なぜならチョコレートにはテオブロミン
という犬が解毒分解できない成分が
入っているために、あらゆる中毒症状を
引き起こすからです。


テオブロミンはカフェインと似た成分
でお茶やコーラなどにも含まれています。

スポンサードリンク

チョコレート中毒の症状は?

ホワイトチョコレートよりもダークチ
ョコレートの方が含まれています。犬が
チョコレートを食べたらどういう症状が
おこるのでしょうか。


具体的なものとして、下痢、嘔吐、
呼吸困難、血尿、血便、発熱、震え、
脱水症状
などがあげられます。


これらの中毒症状は摂取後約6時間
~12時間でおこりますので、食べた
直後に犬の様子に何の変化もないよう
であっても油断してはいけません。


最悪な場合、死に至るからです。


我が家の愛犬は以前チョコレートを
食べたけれども、なんの中毒症状も
起こらなかったから、チョコレートを
食べても大丈夫だという飼い主さんも
います。


確かに犬には個体差がありますので、
少量であれば大丈夫な場合もあります。

WS001475


犬のチョコレートの致死量は

例えば10kgの犬の場合、500~1,000mgの
テオブロミンで中毒症状がおこります。


また、2,500mg~5,000mgのテオブロミン
で約半数の犬が致死するというデータが
あります。


これはチョコレートの量でいうと200
~400gに当たります。


板チョコが60g程度なので板チョコ
1枚くらいから中毒症状が出てきて、
板チョコ4枚食べれば中毒死の可能性

が出てくるくらいです。


かなりの量を食べないと中毒症状が
出てくることは少ないです。


しかしこれは健康な犬の場合であって、
アレルギー症状がある犬や内臓疾患の
ある犬の場合は、微量でも死に至る
ケース
があります。


一概にこれだけの量を与えなければ
大丈夫という明確な基準はありません
ので、出来るだけ犬からチョコレート
は遠ざけておいた方が良いでしょう。

WS000854

それでは犬がチョコレートを食べた後
どうしたら良いでしょうか。


一番良いのは動物病院で嘔吐促進用の
薬を飲ませてもらって吐かせるか、
胃の洗浄をしてもらうことでしょう。


しかしすぐに動物病院に連れていくこと
ができない場合は、応急処置として犬に
食べたチョコレートを吐かせるという
ことです。

塩を少量飲ませたり、オキシドールを
薄めて飲ませたりして、嘔吐を誘引して
あげましょう。


うまくいかない場合も多いので、無理は
しないように。


犬はテオブロミンを解毒できないので、
時間がたっても消化できません。早めの
応急処置が何より有効です。


しかしこれはあくまでも健康な犬の場合
にのみ出来る方法で、アレルギー症状が
ある犬や内臓疾患のある犬の場合は応急
処置をしない方が無難です。


愛犬がチョコレートを食べたら何より
獣医に診てもらいましょう。