女性に多いといわれる方向音痴ですが
男性も多いのが事実です。

この方向音痴の原因と治すにはどう
すればいいのか、まとめてみました。

スポンサードリンク

方向音痴とはそもそも「方向と方角が
分からなくなること
」を言います。



程度には個人差があり、途中から方向
や方角が分からなくなる人もいれば、
スタート直後からどこに向かっている
のか分からないという重症な人もいる
ようです。



友人や家族との外出なら笑い話で済む
こともあります。



しかし、仕事において方向音痴は約束
の時間に遅れたり、目的地にたどり
着くまでの経費が余分にかかったりと
大きな足かせになります。

スポンサードリンク


観察力の低さが大きな原因

方向音痴の人の話を聞いてみると、
周囲に対する観察力が無いことに
気づきます。



方向音痴の原因になるのが「観察力」
です。



「曲がり角にガソリンスタンドが
あった」とか「信号の手前にコン
ビニが二軒並んでいた」という風に、
車の運転中でもさりげなく周囲の
風景や建物を観察する力のことです。



昔ほど「方角」を意識しなくなった
現代では、方角が分からない人が
多いのは仕方のないことかもしれ
ません。

WS000411

観察力が無いと通った道が覚えられず
何度も同じところで迷ってしまうこと
になってしまいます。



方角については太陽の位置が分かれば
大体の方角を知ることができます。



しかし、道順について周囲の建物など
の特徴をつかみながら総合的に覚えて
いく必要がある
のです。


記憶力の無さと集中していることも原因

目的地にたどり着きたいがために集中
しすぎて周囲が目に入らない
ことも
方向音痴の人の特徴です。



観察力の低さとつながりますが、
とにかく前しか見ていない。しかし、
前しか見ないのはとても危険です。



道を覚えられないというデメリットも
ありますが、車の運転などでは周囲に
気を配ることも事故を未然に防ぐため
には大切になります。

WS000410

そして、記憶力が無い人は周囲を観察
してもそれを覚えられないので道に
迷うこともあるようです。



記憶力に自信が無い人はメモを取り
ながら
歩くとか、運転中であれば通り
過ぎる時に「角にガソリンスタンドが
あった」と声に出して言うなどして
記憶に周囲の風景を刻む訓練が必要
になります。


方向音痴を治すためには

方向音痴で迷子になりやすい人の多く
は、「動くもの」も静止しているもの
と一緒に記憶しがちなのです。



例えば曲がり角に書店があったと
します。



方向音痴の人は書店の壁の色や店の
名前と一緒に、「店の前に停まって
いた配達の車」というような「動いて
なくなってしまうもの」も一緒に
記憶しているのです。



すると、次に通った時、書店には
見覚えがあっても「配達車」がない
ため通ったことの無い場所と勘違い
してしまうのです。

WS001466

方向音痴を治すには、まず道しるべ
を「固定されたもの」に限定する

ことが大事です。



これは意識して行うようしていけば、
自然と出来るようになる技術のような
ものです。


道順を早く覚えるためには

カーナビや地図アプリでは道順を
「最短距離」で示すことが多いの
ですが、この行き方はとても曲がり
角の多い道順になりがちです。



最初は時間が掛かったとしても、
「大通りを直進してガソリン
スタンドを左」という風に曲がり
角が少ない道順を行きましょう。



何度か通って道を覚えた頃には、自分
で最短距離を探し出すことができる
ようになっているはずです。



まさに「急がば回れ」という言葉の通り
なのです。

WS000853


道に迷った時には

迷子になってしまった時には、一旦
冷静になるために来た道を戻りま
しょう。



迷った地点で色々考えていてもさら
に迷ってしまうだけです。



大通りから一本入った道で迷って
しまったら、分かりやすい大通り
まで戻るのです。



方向音痴の人ほど適当にさらに進んで
しまって、いつの間にか着く、もしく
はどこにいるのか分からなくなると
いう状態になってしまうのです。



これだと、いつまで経っても道を
覚えることは出来ません。

WS000815 戻るのは恥ずかしく、時間ももったい
ないのですが、さらに迷って時間を
消費するよりは良い方法です。



車の場合には、どこかで向きを変えて
来た道を戻りましょう。コンビニなど
に駐車して、曲がり角の確認をしたら
再スタートです。



一旦冷静になることによってどこで
間違ったのかに気づくことができ
ます。



ただしこの方法では時間をロスして
しまうので、仕事の約束がある時
などは早めに出発することが大切です。