暑くなると日焼けが気になりますよね!
日焼け対策に日焼け止めは必須です!!

しかしいろんな種類があって選べない・・・
そんなあなたに日焼け止めの選び方をまとめました。

さらに敏感肌の方には?日焼けしたら
どんなケアをすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

日焼け止めの選び方

紫外線が強くなる時期は知っていますか?3月には
すでに強くなり始めて5月からはピークといっても
間違いがないくらい降り注いでいます。



日焼け止めの選び方は紫外線の強い弱い時期と
どんな1日を過ごすかにもよって変えましょう。


PGOG-5441


日焼け止めの強さは2種類ありますよね。SPFとPAです。



SPFとは紫外線の種類のうちUVBというものを
防いでくれます。UVBは肌を赤くしてしまうので、
日焼けすると肌が真っ赤になる人はSPFの強いものを
選ぶのがおすすめです。



PAは肌を黒くするUVAをカットしてくれる効果が
あるんです。黒くなりやすい人はこちらが強いものを
選ぶのも効果的です。



しかし強い日焼け止めには紫外線を防ぐ物質が多く
含まれているので肌へのダメージも強くなります。



だからシーズンや場面によって使い分けるんです

スポンサードリンク

日常生活の場合(お散歩、通勤、買い物など)


SPF10~20
PA+~++



紫外線が強い3月くらいから秋の終わりまでは、
SPF20とPA++にしようかなくらいで
大丈夫なんです。



外でのスポーツやレジャー


SPF20~40
PA++~+++



お肌が黒くなりやすい、赤くなりやすいを目安に
これくらいで選んでみてください。



日差しが強く暑い日の外のスポーツ、海など


SPF40~50
PA+++


20080721104723


日焼け止めの塗り方・洗い方

動画で説明していますので見てみてください。



・塗りムラができないように塗る


・2~3時間おきに塗りなおす



これが塗り方のコツなんです。



洗い方は


・専用のクレンジングで落とす

これは重要です。なかなか日焼け止めは落ちない
ようになっているんです。



・ごしごしと強くこすらない

強くこすっちゃうと黒ずんだりしてあとが
残るからぜったいにダメです。



・その日のうちになるべく早く落とす



・日焼け止めを落としたあとは化粧水などで
水分補給をしっかり行う

オススメの日焼け止め落としはこちら>>


WS000075


日焼けしたときのケア

日焼けしてしまったらどうすればいいのか
知っていますか?放っておいたら黒いシミ
が残っちゃったりします。



1.まずは冷やす!!

これは絶対にしましょう。日焼けはヤケドです。
タオルにくるんだ氷や保冷剤を冷たくなりすぎない
くらいにあてて冷やしてあげましょう。



2.つぎに保湿!!

いつもの3倍くらいの化粧水を使う気持ちで!
化粧水のパックなんかも有効ですね。

日焼けした肌は乾燥しているのです。

オススメのパックはこちら>>



3.最後に乳液で閉じ込め

しっかりと保湿したものを肌に閉じ込めて
あげましょう。乳液を使わないのとはすごい
差がでるものなのです。



4.肌のほてりが落ち着いたら美白液

ほてっていたり、肌が痛かったりする時期が
終わったら美白液などをつかって黒くなるのを
防ぎましょう。


肌がほてっているときに美白しちゃうのは
おもいのほか肌が痛がるものです。


読まれている記事

紫外線っていったいなんだ!?
潮干狩りの時期と取れる貝の種類は?
梅雨の語源ってなんなのか??