昼寝が健康に良いことは広く知られる
ようになって来ました。

ただ、昼寝の仕方を間違えると頭痛を
起こしたり体が余計にだるくなったり
と逆効果もあります。

昼寝で疲れを取りたいなら、正しい
昼寝の仕方を身につける必要があり
ます。

ここでは昼寝のすごい効果と、最適な
時間と取り方について紹介していき
ます。

スポンサードリンク

昼寝をしたくなるのはなぜ?

人間には体内時計が備わっていて、
その体内時計によると昼の1時から
2時には眠るように設定されている
という研究結果があります。



昼ごはんを食べた後に急な睡魔に
襲われた経験を持っている人はかなり
多いはずです。



これは決してお昼ご飯と食べ過ぎた
からというわけではなく、人間に
備わった本能によるもの
なのです。

スポンサードリンク


昼寝の質による疲労回復効果

30分未満の昼寝には、夜の熟睡より
も疲労回復効果
があります。



研究結果によるとその効果は3倍にも
のぼるということです。



短時間の昼寝から目覚めた時の頭が
サッパリしたような感覚は、この
疲労回復効果によるものなのです。



ただし、30分よりも長く寝ることは
身体がだるくなってしまったり、逆の
効果があるので注意しましょう。

WS001028


昼寝は記憶力を高める

アメリカの大学の研究チームが、
「昼寝をするグループ」と「昼寝
をしないグループ」に学生を分類
してどれだけの漢字を覚えられるか
というテストをしました。



テスト結果がよかったのは「昼寝を
するグループ」のほうだったという
ことです。



脳の働きが昼寝によって回復されて
記憶しやすくなったためと考えられ
ています。



この研究結果からも昼寝が記憶力の
向上に効果がある
ことが分かります。

WS001027


カフェインよりも効果的な昼寝

眠気覚ましにカフェインを摂取する人
が多いのですが、眠気を取るという点
で言えば昼寝のほうがその効果に
優れています。



カフェインは確かに眠気を覚ます効果
がある物質ですが、常用すると効果が
薄くなっていくというデメリットが
あります。



その点、昼寝のほうは慣れれば慣れる
ほど短時間で睡眠の質が良くなること
が分かっているのです。



日常的に眠気対策を行うのであれば
昼寝のほうがスッキリ
させることが
できるのです。
WS001026


効果的な昼寝の時間

昼寝に最適な時間は10分から30分
です。



そんなに短くて大丈夫かという声
が聞こえてきそうですが、むしろ
熟睡してはいけないのです。



30分を超えると熟睡する睡眠に入る
ため、目覚めた時に「眠りが足りない」
という状態になってかえって疲れて
しまいます。



昼寝の時間は30分以内がベスト。
脳を休ませてリフレッシュするだけ
ならこのくらいの時間で十分なの
です。



なかなか寝付けないという人は、
ただ目を閉じて頭の中を空にして
瞑想するだけでも同じくらいの効果
があるといわれています。



また、時間帯は15時までに昼寝する
のが1番効果が高い
ので、食後から
15時くらまでの間に昼寝するよう
にしましょう。

WS001023


効果的な昼寝の姿勢

完全に横になってはいけません。
それは熟睡体制です。短時間でも
熟睡に入ってしまう危険があります。



熟睡に入ると体は余計にだるく
なってしまいますので、熟睡でき
ない姿勢で昼寝をすることが大切
です。



椅子に座ったまま、ソファにもたれ
かかったまま、など上半身をなる
べく起こした状態
で昼寝をしましょう。



短時間であれば姿勢によって体が痛く
なる心配もありません。
WS001028


効果的な昼寝の準備

昼寝の後にさらにすっきりしたいなら
昼寝の前に珈琲を飲むことをオススメ
します。



珈琲にはカフェインが含まれている
ので眠れなくなりそうなものですが、
その効果が出てくるのは成人男性で
20分から30分といわれています。



つまり、短時間の昼寝前にカフェイン
を摂取しておけば、昼寝の後の覚醒に
弾みがつくということです。

WS000430

昼寝を習慣にするなんてだらしない!
という考え方は今は古いのです。



午前中と同じような効率で仕事が
したければ昼寝の習慣をつけるほうが
スマートということが分かりました。



最初はなかなか寝付けない人も多い
でしょうが、目を閉じてじっとして
いる時間を持ち続けていると自然と
眠れるようになります。



ぜひ明日からチャレンジしてみて
ください。