ひとくちに「冷え性」といっても、
冷えの現れ方は人それぞれで、中
には冷え性を自覚しているのに
暑がりで汗かきという人がいます。

どうして末端は冷えるのに、「暑い」
と感じて我慢できなくなってしまう
のでしょうか。

その不思議な仕組みと対処方法に
ついてご紹介します。

スポンサードリンク

冷え性なのに暑がりになる原因

冷え性であることを感じているのに、
暑くてたまらないという人の場合、
自律神経に問題があることが多い
ようです。


実は、「冷え」と「暑いという感覚」が
同時に起こっているのではなく、自律
神経の乱れによる「隠れ冷え性」で
ある可能性が高いのです。


自律神経とは私たちの体で大切な働き
をしている神経です。


手足を動かす時には、「手や足を動か
そう!」と意識すれば動かすことが
できます。


しかし、「腸をもっと動かして便秘を
治そう」とか「血液を流して体をあた
ためよう!」と意識してもできること
ではありません。


この意識して出来ないことを司って
いるのが自律神経です。


内臓や血液を動かしたり、栄養を吸収
したり、老廃物を出したりするのが
自律神経の主な働きとなります。


スポンサードリンク

自律神経は「交感神経」と「副交感
神経」とで構成されていて、ストレス
や生活習慣の乱れなどでこれらの
バランスがおかしくなります。


そしてこれが「自律神経の乱れ」です。


冷え性なのに汗かきだったり暑がり
だったりするのは、このバランスが
乱れてしまっています。


副交感神経が優位に働きがちになる
ことで、体温調節機能が上手く働か
なくなることが原因
と考えられて
います。


そのため、少し暖かい室内に移動
したり、温かいものを食べたりする
だけでもともと低体温になっている
体が過剰に反応しまう
のです。


そのため、汗などで体温調節をしよう
とするため、暑いと感じたり汗を多量
にかいたりするのです。
WS000869


簡単に始められる改善方法

冷え性で汗かき、暑がりというやや
こしい症状を改善するためには、自律
神経の乱れを整えてあげる必要があり
ます。


神経を整えると聞くと難しそうに感じ
てしまいますが、実は冷え性の改善
方法と似ています。


まず、身体を冷やさないように注意
する
こと。


冷え性で暑がりの人の多くは体の表面
温度が高くても内臓が冷えていること
が多いので、身体の中を温める食べ物
を積極的に摂ったり、湯船につかるなど
血行をよくしたりする努力が大切です。


身体の外側を温めても暑いと感じて
しまい、ますます汗をかいてしまい
ます。


身体の内側を意識することが大切です。
身体の内側を温める食材は、根菜類、
赤い食べ物、ニラ・ショウガ・にん
にくなど香味があるものなどです。

WS000831 暑い日には冷たいものが食べたくなり
ますが、1日中冷たいものばかり食べて
いると身体を冷やしてしまいます。


冷たい麺などは昼食時など1日1食に
限定しましょう。


冷たい食事をするときには温かいお茶
を飲むなど「温・冷」のバランスを
意識するようにすると良いでしょう。


また、夏はサッとシャワーで済ませ
がちな入浴タイムですが、できるだけ
湯船につかる習慣を保ってください。


お風呂上りの汗が嫌だという人は、
入浴後のさっぱり感を高める入浴剤
がお勧めです。

WS000215

また、ウォーキングなどの軽い運動も
積極的に取り入れる
ようにしましょう。


暑さが厳しい時期は、寒い冬と同じ
くらい運動不足になりがちです。


夕方や早朝にウォーキングをするなど
して、日中不足している運動量を補って
血液の巡りを良くすることが大切です。


エアコンの効いた室内に長くいる人は、
冷房対策も大切です。


カーディガンを着用したり室内だけ靴下
を履いたり、冷えやすい部分を保温して
あげることが大切です。


まとめ

食事や入浴、運動などの生活習慣を
改善することは冷えを改善する一番
の近道
になります。


自律神経の乱れを改善するという
意識でなくても、健康的な生活を送る
ためには身につけておきたい生活習慣
です。


乱れがちな生活を整えるだけで改善
されることはたくさんありますので、
この機会に一度生活習慣を見直して、
冷え性の原因になりそうなことを一つ
ずつ取り除いていてみてはいかがで
しょうか。