排水溝のぬめりって触りたくない
ですよね。でも放置しておくわけ
にはいかないものです。

この排水溝に出てくるぬめりって
何が原因なのでしょうか。

また、掃除する方法と予防方法に
ついて紹介していきます。

スポンサードリンク

排水溝のぬめりの原因は

排水溝の嫌なぬめりの原因は「菌」の
繁殖
によるものです。



キッチンでは、生ごみの汚れや油分を
餌にして繁殖していきます。



お風呂では髪の毛や石鹸カスなどを餌
に繁殖します。そして菌が出す老廃物
がぬめりとなって溜まっていきます。



キッチンの場合、そのぬめりに流した
油分がくっついて、ヘドロ状になって
ぬめりと一緒に蓄積されていきぬめり
を酷くする原因になってしまうのです。



そして浴室や洗面所では、ぬめりと
石鹸成分や髪の毛が一緒になって蓄積
されていきます。

スポンサードリンク


ぬめりの掃除方法(1)

排水溝のぬめりを取り除くには、
当たり前ですが、こすって落とす
方法があります。



直接触るのは気持ちが悪いという人
が多いはずですので、使い捨ての薄い
ビニール手袋を常備しておきましょう。



キッチンや浴室のそばに待機させて
おくとすぐに掃除ができてとても便利
です。



掃除に使う道具は、ブラシ類が良いの
ですが、ぬめりをこすったブラシを
繰り返し使いたくないという人は、使い
終わった歯ブラシを使
うと良いでしょう。



歯ブラシなら細かい部分を掃除できます。



歯ブラシのヘッド部分は温めると簡単に
曲がるので、やけどに注意してコンロの
火や熱湯で熱くしてから曲げると使い
やすくなります。



この時、除菌成分の入った台所洗剤や
浴室用洗剤を使ってこするとぬめりの
発生をしばらく抑えることができる
ので、
洗剤は使用することをオススメします。

ws000206


ぬめりの掃除方法(2)

手で触りたくない、という人は液体の
排水パイプ用洗剤
の使用をオススメ
します。



これは排水溝の奥のぬめりや髪の毛
を溶かしてしまう洗剤ですが、強い
洗剤なので使用には注意が必要です。



排水溝用のネットや三角コーナーに
使用すると錆びてしまうことがある
ので、金属類は避けて排水溝のみに
使うようにしましょう。



使い方はとても簡単で、排水溝に
決められた量を流して30分程度放置
するだけです。



ぬめりや匂いが簡単に除去できます。



排水溝のさらに奥の方を掃除する場合
には、より強力なプロが使う粉洗剤を
使うと効果的です。インターネットや
ホームセンターで購入できます。

ws000207


ぬめりの掃除方法(3)

排水溝の掃除には重曹やクエン酸も
活躍します。



排水溝やその周辺に重曹を粉のまま
ふりかけ、その上からクエン酸を
溶かしたお湯を注ぐ
だけです。



クエン酸と重曹の化学反応で発泡し、
その泡がぬめりを強力に落として
くれます。



クエン酸による除菌効果も期待でき
ます。



クエン酸や重曹は薬局で安く買えて、
安全なものなので手軽に使うことが
できます。

ws000208


ぬめりの予防について

排水溝のぬめりを予防するには、菌を
繁殖させない環境を作ることが一番の
近道になります。



しかし、キッチンや浴室を使わない
ということはできないので、こまめ
に除菌を行う習慣をつけてください。



除菌には、漂白剤が最も効果が高い
です。



漂白剤は液体のものよりも、泡で出て
くるスプレータイプのものが使い
やすくてオススメです。



浴室の排水溝も普段の除菌ならキッチン
の漂白剤で代用できます。

ws000205 カビが発生している場合にはカビ取り用
の強力な漂白剤を使いましょう。



ただし、漂白剤の成分によって金属
部分がさびてしまう可能性もあります
ので、心配な方はアルコールスプレー
での除菌をオススメします。



漂白剤よりは効果が落ちますが、アル
コールにも除菌の効果
があります。



熱湯をかけるという方法もあります
が、配水管の仕様によっては熱湯で
変形してしまうものもありますので、
排水溝に熱湯を流すのは避けた方が
良いでしょう。



とにかく、菌を残さないということ
が排水溝のぬめりを予防する効果的
な方法です。



そして、ぬめりはどんどん蓄積されて
いくので、ぬめりの程度が軽いうちに
掃除をこまめに行うということも大切
です。

ws000206

さらにお手軽にぬめり予防をすること
ができるのが、アルミホイル
です。



アルミホイルを切って丸めたものを、
排水溝のとこに入れておくだけです。



アルミホイルから出てくる金属イオン
が、菌の繁殖を抑えてくれるのです。



これはお手軽なぬめり予防方法と
して有名なので、ぜひ試してみてくだ
さい。