毎年の夏休みの宿題のうち、子供たち
が最も大変だと感じているのが読書
感想文です。

親の方でも手伝ってやりたくても、
本を一冊読まなければいけないと
あってなかなかしっかりと手伝う
ことが難しい宿題です。

今回はこの厄介な読書感想文の
書き方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

読書感想文の本来の目的は「夏休み
中の読書の推進」です。



あとがきなどを見て書いてしまう
のではなく、まずは一冊しっかりと
読ませましょう。



感想文のことを考えるのはその後です。

スポンサードリンク


まずは本選び

夏休み前になると書店に読書感想文の
課題図書が並びます。



学校によっては課題図書を読んで
感想文を書かなければいけない
ところと、自由に図書を選んで
感想文を書いてよいところがある
ようです。



読書に時間のかかる子供の場合は
夏休み前に買い与えて少しずつ
読ませることがポイントです。



自由に図書を選ぶ場合でも、年齢
に合ったものを選ぶ
ようにしま
しょう。



小学校低学年の場合、絵本も図書
の範囲に入るのかと悩む親御さん
もいるようです。



しかし、ページ数の少ない絵本では
なかなか感想文を書くことができ
ません。



絵本の場合はページ数が多く内容の
しっかりしているものを選ぶことが
大切です。



高学年になると小説なども選択肢
に入りますが、ライトノベルと
呼ばれる小説は感想文には向き
ません。

ws000290


しっかりと読むこと

読書の習慣をつけるということだけが
目的なら自由に読んで欲しいものです。



しかし、読書感想文を書くために
読ませる場合には、読み方にもコツ
があります。



読み進める中で、ここは感動した!
とか、ここは少し腹が立ってきた、
など子供の感情が動くシーンが出て
きたときには付箋をつけさせます。



そして、読みながら「作者が一番
言いたいことは何なのか」をシーン
ごとに考えることです。



高学年の子の場合、箇条書きでメモ
を残すのも一つの方法です。



低学年の子の場合、作者の言いたい
ことをつかむのは難しいかもしれ
ません。



できれば親御さんも一緒に読んで
あげて、「書いた人は読んだ人に
何を言いたかったのかな?」などと
簡単な質問にしてあげるとよい
でしょう。



このようにメモや付箋で残して
おけば、読むのに時間がかかる子
でも後で思い出すのが楽になります。

ws000291


原稿用紙の使い方

書き始める前にまず、原稿用紙の
書き方のルールをおさらいしてくだ
さい。



タイトルを書く位置、名前を書く
位置、書き始めの位置を確かめ
ましょう。



低学年の子供には親御さんが教えて
あげましょう。



子供任せにしておくと、書き終えた
のはいいけれど、原稿用紙の一行目
から書き始めていて、すべて書き直す
羽目になったというケースもあり
ますので注意してください。

ws000293


感想文の4段落

どの学年であっても共通する書き方は
「感想文の4段落」と呼ばれる段落
わけです。



感想文の4段落とは、
(1)本と出会ったきっかけ
(2)本のあらすじ
(3)本を読んで感じたこと


(4)本を読んだことで得たもの

といった内容の4つの段落のことです。
学年があがるにつれて、一つ一つの
段落の行数を増やして内容を豊かな
ものにしていきます。


(1)本と出会ったきっかけ

(1)の本と出会ったきっかけに
ついては、なぜこの本を選んだか
という理由を書きます。



本屋さんで見つけて、とか、母に
勧められて、という感じです。



課題図書だったのでという理由でも
良いのですが、課題図書も複数あり
ますので、その中でなぜその本を
選んだのかを書けば良いでしょう。

ws000295


(2)本のあらすじ

(2)の本のあらすじについては、
簡潔にまとめることが大切です。



高学年になると本も厚くなり内容
を簡潔にまとめるのも難しくなり
ますが、その本を読んだことの
無い人に紹介するつもりで書いて
みましょう。



ここでのポイントは「感想は一切
書かない」ということです。



個人の感情は第3段落に書くので、
ここではあらすじをまとめるだけ
にします。

ws000289

(3)本を読んで感じたこと

(3)の「感じたこと」には、どの
ようなシーンでどのように感じたか
を書いていきます。



ここで付箋が役に立ちます。

付箋を貼った箇所が多い場合には、
最も心が動いたシーンを2つから
3つピックアップして取り上げます。



自分だったらどうするか、どう思うか
という主観を入れて書いても良い
段落です。

ws000294


(4)本を読んだことで得たもの

(4)の「得たもの」のところは全体
の「まとめ」となります。



自分がその本を読んで心の中に得た
ものはないか、これからの生活に
生かしていけることがなかったか、
をこの段落にまとめていきます。


原稿用紙の配分

書き方の配分は、400字詰め原稿
用紙の場合、最初の3行をタイトル
や名前に使いますから、残り37行
となります。



配分の目安は、

(1)の本と出会ったきっかけが
4行程度。



(2)のあらすじが5行程度、

(3)の本を読んで感じたことは、
付箋一枚につき5行程度。



3つの付箋の部分を使ったとして
15行から17行程度になるように
まとめましょう。



残りが(4)の「まとめ」となります。
この時、2枚目の原稿用紙は半分以上
埋めるようにしてください。



まとめ方が難しい場合、自分の勉強
や家庭生活、友達関係やスポーツ活動
などに、本から得たものをどう生かして
いくのかを考えながら書いていくと書き
やすいはずです。