防災の日って知っていますか??
日頃忘れかけている危険な災害に
対して、思い出すため大事な日です。

防災の日とは!いつなのでしょうか?
津波防災の日とどう違うのか??
まとめてみました。

スポンサードリンク

忘れてはいけない大災害

東日本大地震のニュース>>
東日本大地震のニュース2>>
阪神淡路大震災>>


防災の日とは、いつ

防災の日とは毎年9月1日にあり、日本の
記念日です。どんな日かというと、台風、
津波、地震などの災害に対する知識を


身につけ、心構え、準備をする日と
されています。



防災の日には日本全国で防災の啓発、
防災訓練などの防災に関することを
実施しています。

a0212807_1233559

そして防災の日を含んで1週間を
防災週間としていろいろな運動が
実施
されています。



防災の日の始まりは1960年に内閣で
制定されました。9月1日は関東大震災が
1923年にあったことからこの日に
決められたそうです。



この時期は台風の多い時期でもあるので
災害には準備を怠らないようにとする
意味もあるようです。

66251ba4-s-420x257



いざというときに防災グッズはきちんと
揃えていますか↓↓

防災グッズの特集>>



まず用意したい防災グッズのまとめ>>



※関東大震災は死者と行方不明者が
合わせて10万人を超える日本の
災害史上最大と言われています↓↓
関東大震災の詳細>>


スポンサードリンク



津波防災の日とは

津波防災の日は毎年11月5日です。
2011年の津波による被害を忘れる
ことなく、津波に対する防災について
意識を高めるために制定された。



11月5日に津波防災の日としたのは、
1854年に和歌山県を襲った大津波の
際に地主が収穫した稲わらに火をつけて、



逃げ遅れて迷っていた人たちを高い
場所に避難させたことにちなんでいる。

E6B4A5E6B3A2E381AEE79EACE996932

この日には国や地方で津波防災に関する
イベントを行っているが、東北など
被災地でなかなか浸透していない
など
問題があるそうです。



防災グッズはこちらから>>